ユスフ・モハマド・イブラヒム(スリランカ爆発テロの犯人)の顔画像はこちら!イスラム過激派IS

ユスフ・モハマド・イブラヒム

スリランカで21日、ホテルと教会を合わせ計8か所で爆発テロが起きました。

このスリランカ爆発テロを主導したのは地元富豪の60代男

ユスフ・モハマド・イブラヒムが容疑者に上がりました。

この記事では

ユスフ・モハマド・イブラヒムの顔画像

ユスフ・モハマド・イブラヒムの経歴

などネットの疑問についてまとめています。

スリランカ爆発テロ イスラム過激派ISが犯行声明

今回のスリランカ爆発テロの事件調査の概要はこちらです。

スリランカで起きた連続爆破テロ事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)は23日、系列のアマク通信を通じて犯行を主張した。また、スリランカ警察当局は同日、事件に関与した疑いでこれまでに計40人を拘束したと発表。ロイター通信はスリランカ政府関係者らの話として、拘束者のなかにシリア人1人が含まれていると報じた。

地元警察などによると、死者数は日本人1人を含む321人に達した。

また、スリランカのウィクラマシンハ首相は23日の記者会見で、3月にニュージーランド(NZ)中部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で50人が犠牲になった銃乱射テロ事件の報復の可能性があるとの見方を示した。

スリランカ政府は、国内のイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」による犯行との見方を示す。ただ、犯行声明を出したISとNTJの関係は不明。拘束されたシリア人はIS戦闘員の可能性もあるが、ISはテロへの関与を裏付ける証拠は示しておらず、背後関係は依然として分からないままだ。

一方、地元紙「デーリー・ミラー」(電子版)によると、地元警察は裁判所に最大都市コロンボの高級ホテル「シャングリラ」で自爆したのはインサーン・シーラバン容疑者だと報告したという。シーラバン容疑者はNTJのメンバーとみられる。

スリランカ政府は23日、全土に非常事態宣言を発令。捜査令状なしで身柄拘束ができるようにするなど警察や軍の権限を強化した。コロンボ中心部のバスターミナルでは22日、87個の起爆装置が見つかっている。

また、4人の犠牲が出た米国のトランプ大統領は22日、ウィクラマシンハ首相と電話協議し、捜査協力を約束。連邦捜査局(FBI)の捜査員を現地に派遣し、科学捜査に関する専門技術を提供するとともに、FBIのデータベースを活用して事件の関係者を分析するという。

https://mainichi.jp/articles/20190423/k00/00m/030/250000cより

今回のスリランカ爆発テロに関して

イスラム過激派のISが犯行声明を出しました。

しかし、スリランカ当局は

今回のスリランカ爆発テロの犯人を

イスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」

とにらんでいるそうです。

ISがこの地域まで影響範囲を広げているとは考えにくいですが

今後の調査を待ちましょう。

また、今回のスリランカ爆発テロで

地元のムスリムコミュニティーで有名である富豪

ユスフ・モハマド・イブラヒムが逮捕されました。

ユスフ・モハマド・イブラヒムとは一体どんな人物なのでしょうか?

ユスフ・モハマド・イブラヒムの顔画像

新たに判明した事実としてスリランカ爆発テロ

を主導したユスフ・モハマド・イブラヒム(60)が

容疑者として捜査されています。

以下がユスフ・モハマド・イブラヒム捜査に関する概要です。

スリランカで起きた連続爆発テロ事件では、これまでに40人が拘束されました。このうち、地元で富豪として知られる60代の男が事件を主導した疑いがあるとみて、当局が捜査していることが新たにわかりました。

「テロがあった教会、その近くでは住人の方たちが、ロウソクを手に祈りを捧げています」(記者)

スリランカで21日、あわせて8か所で起きた連続爆発テロ。警察は23日、死者が310人に増えたと明らかにしました。

「8か所目の爆発現場となったのは、3階建ての豪邸です。この家の持ち主は、地元のムスリムコミュニティーの中でも有名な人物で、今回の一連のテロを主導した疑いが持たれています」(記者)

こうした中、拘束された60代のユスフ・モハマド・イブラヒム容疑者が事件を主導した疑いがあるとみられることが、捜査当局へのJNNの取材で新たにわかりました。息子2人は、一連の自爆テロの実行役だったとみられています。

「この半年、彼は私たちを避ける必要があったのか、あまり話さなくなった。私たちの知っているイブラヒムではなくなったのだ」(イブラヒム容疑者を知る近隣住人)

イブラヒム容疑者の自宅がテログループの拠点となったという情報をもとに、警察が捜査に入った際には、爆発があり、3人の警察官が死亡しました。

地元では富豪として知られるイブラヒム容疑者。捜査当局は、証拠を隠滅する目的で爆発させた疑いもあるとみて、23日も現場の捜索を行いました。

「国内の小さな組織だけで、実行できるものではない」(スリランカ政府報道官)

スリランカ政府は、国内のイスラム過激派による犯行との見方を示し、当局は国際的なテロ組織とのつながりがあるかどうか調べています。捜査当局はこれまでに40人を拘束。地元メディアなどは、そのうち1人がシリア人だと報じています。

現地では23日から、非常事態宣言が全土で発令されました。緊迫した状況が続く中、事件の背景の解明が進められています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3655474.htmより

今回、60歳の地元富豪であるユスフ・モハマド・イブラヒム容疑者が逮捕されました。

ユスフ・モハマド・イブラヒム容疑者の顔画像はこちらです。

ユスフ・モハマド・イブラヒム

捜査に連れていかれるところです。

地元富豪60歳のユスフ・モハマド・イブラヒムが主導したのかどうか

より詳しい情報が必要ですね。

ユスフ・モハマド・イブラヒム(スリランカ爆発テロの犯人)の顔画像はこちら!イスラム過激派まとめ

この記事では

ユスフ・モハマド・イブラヒムの顔画像

ユスフ・モハマド・イブラヒムの経歴

などネットの疑問についてまとめました。

最後にネットの声をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です