横浜駅ジョイナス地下街異臭事件の原因はテロ?犯人は誰で特定?現場画像や動画は?過去に同様の事件が!

横浜駅ジョイナス地下街異臭事件

6月29日午後5時5分頃、横浜駅西口にある横浜ジョイナス地下街で
異臭が発生する事件が発生しました。

この事件で40代の女性が搬送され、多くの人が咳や
目の痛みを訴えました。

この記事では
横浜駅ジョイナス地下街異臭事件の詳細
現場の画像や動画
原因や犯人は?
過去の横浜駅異臭事件について

横浜駅ジョイナス地下街で異臭事件が発生 現場の状況は?

横浜駅西口(横浜市西区)の商業施設で29日夕、異臭騒ぎがあった。市消防局は40代の女性1人を搬送し、特殊災害対応隊などが現場で有害物質や不審物の検索を行ったが、異常はなかった。

戸部署によると、同日午後5時5分ごろ、横浜駅相鉄口交番に「百貨店1階でせき込んでいる人がいる」と届け出があった。西口地下街でも同様の情報があったことから、「何らかの臭いでせき込んでいる人がいる」と市消防局に連絡したという。署は女性の容体と異臭情報の因果関係などを調べている。

西口には消防車など20台が出動し、周辺を規制。一時騒然となった。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-178373.htmlより

6月29日午後5時5分頃、横浜駅西口の商業施設である横浜ジョイナス地下街で
異臭が発生し多数の緊急車両が出動する事件が発生しました。

この事件で多くの人が目やのどなどに痛みを訴えたほか
40代の女性が1名搬送されました。

現場を確認したところ、有害物質や
不審物などはなかったそうです。

非常に恐ろしい事件です。
こちらが現場の画像や動画です。

このように、人が治療を受けたり
多くの緊急車両や消防隊が来ていました。

一体、原因は何だったのでしょうか?

横浜駅ジョイナス地下街異臭事件の原因はテロ?


今回、横浜駅女子ナス地下街で起きた異臭事件。
ネットでは、原因は何?と話題になっていました。

ここでは6月29日に起きたジョイナス地下街異臭事件の
原因についてまとめました。

まず、報道内容を確認してみたところ
派遣された特殊災害対応隊の調査では

現場からは有害物質や不審物質は
見当たらなかったそうです。

非常に不可解な事件ですよね。
しかし、現場百貨店では、確かに

咳き込んでいる人や異臭があったそうです。
一体、何が原因なのでしょうか?

一部では、地下鉄サリンを彷彿とさせるような
テロ説も出ていました。

これがテロならば犯人などの逮捕が急がれます。

ガス漏れなどの不注意が原因なら施設の安全性を
もう一度徹底的に点検し直さなければなりません。

横浜駅ジョイナス地下街異臭事件の犯人の顔画像や名前は?


続いて、この横浜駅ジョイナス地下街異臭事件の
犯人について、ここではまとめたいと思います。

報道によれば、有害物質や異臭の原因などは
見つからなかったとされました。

しかし、横浜駅では過去にも
「横浜駅異臭事件」として
同様の事件が起こっていました。

その事件を確認してみると
今回の横浜駅ジョイナス地下街異臭事件にも

犯人がいるように思われます。

その事件は1995年4月19日午後1時ころ
JR横浜駅東西自由通路の西口で異臭が発生し

この事件では最終的に合計668人が体調に
異常を訴えたとのことで大規模な事件でした。

当時は、オウム真理教による地下鉄サリン事件の
直後であったため、犯人はオウム真理教関係者かと思われました。

しかし、その後の犯人として逮捕されたのは
オウム真理教とは関係のない無職の31歳男性の犯行と判明しました。

集団的な犯行ではなく単独的な犯行だったそうです。

この事件を考えると、やはり今回の異臭事件も
犯人がいるような気がしますよね。

現在のところや原因や犯人について顔画像や名前などは
判明していません。

ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です