宮迫博之とロンブー亮の闇営業動画は?脱税疑惑も?カラテカ入江の詐欺グループ忘年会参加!

宮迫博之闇営業

よしもとクリエイティブ・エージェンシーのお笑いコンビ・カラテカの入江慎也さん(42)が2014年12月の振り込め詐欺グループの宴会に吉本興業関係のタレントを仲介したとして契約解消処分を受けました。

これは、闇営業と言われておりタレントに直接ギャラが支払われる形となります。

また、最新の報道によりますと、この闇営業には宮迫博之さんや田村亮(ロンブー亮)などの芸人が参加していたことがわかりました。

この記事では

カラテカ入江が仲介した詐欺グループ闇営業の概要
闇営業に参加した宮迫博之とロンブー亮の動画
宮迫博之の脱税疑惑
この宴会に参加した他の芸能人に関して
なぜ宮迫博之やロンブー亮は処分されないのか

などネットの疑問についてまとめました。

カラテカ入江が詐欺グループへの闇営業を仲介 宮迫博之やロンブー亮が参加


今回問題になったのは、吉本の芸人であるカラテカの入江慎也さんが2014年12月に振り込め詐欺グループの忘年会に吉本の芸人を仲介したとのことでした。

この詐欺グループは2015年に男女約40人が逮捕されている特殊詐欺グループでした。

2015年といえば振り込め詐欺が特に多発した年で、振り込め詐欺被害に関してして調べてみたところ

次のような事件のデータが残っていました。

特殊詐欺グループの最高幹部2人を逮捕 被害額40億円超か

社債購入名目で現金をだまし取ったなどとして特殊詐欺グループとしては過去最大の40人が摘発された事件で、警視庁や宮城県警などの合同捜査本部は、詐欺容疑で、グループのトップで住所不詳の会社役員、小林宏行容疑者(28)と、同じくトップで住所・職業不詳、高松聡容疑者(28)を逮捕した。一連の事件での逮捕者は計48人となった。警視庁捜査2課によると、小林容疑者は容疑を否認し、高松容疑者は黙秘している。

小林容疑者らは10人程度からなる詐欺の電話をかける「架け子」グループを5つ以上統括。平成25年末ごろからの1年半で200人以上から40億円超をだまし取り、経営するエステサロン関連会社などに詐取金を流用していたとみられる。

逮捕容疑は26年11~12月、奈良県の70代女性に「社債を買えば高く買い取る」などと嘘の電話をして計500万円をだまし取ったとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/160224/afr1602240016-n1.htmlより

カラテカ入江さんが斡旋したのはおそらくこの詐欺グループではないかと思われますが

それはさておき、40人もの逮捕者が出るような詐欺グループということは社会的には最悪なイメージがありますよね。

そのようなところに、普段からテレビで見るような芸人を仲介しているわけです。

これは大問題ですよね。

さらに、最新の報道によりますと、この闇営業に参加した芸人である宮迫博之さんにFRIDAYが直撃したとのことでした。

FRIDAYによれば、2014年の詐欺グループの忘年会に参加していた時の宮迫博之さんの動画を見せたところ、詐欺グループの宴会だとは認識していなかったと述べたそうです。

どこが主催している宴会かを理解せずに参加するプロはいないと思いますので、これは完全にしらばっくれてますよね。

では、その時の宮迫さんの動画を次に紹介します。

FRIDAYの宮迫博之とロンブー亮の闇営業でのカラオケ動画がヤバい!


今回、カラテカ入江さんが仲介した詐欺グループの忘年会に参加した宮迫博之さんや田村亮さんですが

この闇営業に参加した時の宮迫さんのカラオケ動画がこちらです。

これは2004年に発売された山口智充さんと宮迫さんのユニット「くず」の代表曲である

「全てが僕のためになる!」という曲です。


自分の代表曲を詐欺グループの前で歌うとは非常に残念ですね。

FRIDAYの取材で、この動画を見せられた宮迫さんは表情が凍りついたと言います。

司会には田村亮さんが参加していたと言われますがどうなのでしょう。

次に、今回のカラテカ入江が仲介した芸人には宮迫博之とロンブー亮以外には誰がいたかみていきましょう。

宮迫博之には脱税疑惑も?


今回の詐欺グループに参加した宮迫博之さんですが

闇営業で稼いでいたとのことで、脱税疑惑も浮上しています。

というのも、本来ならば稼いでいたお金は全て一度、所属事務所である

よしもとクリエイティブ・エージェンシーを通しています。

自動的に、所得税などの税金に関しても事務所が手続きを行なっています。

しかし、今回の宮迫博之さんの場合は、事務所などを介さずに個人的に闇営業で稼いでいます。

おそらく、カラテカ入江さんとの関わりがあることから一度や二度ではないでしょう。

となると非常に多くの税金を本来は払わなければなりません。

こちらが所得税の表です。

このように、年収によって所得税というのは大きく変わってきます。

一体、いくらの脱税をしているのか、不安ですね。

この詐欺グループ宴会に参加した芸人一覧


この詐欺グループの宴会への闇営業で特に取り上げられているのが宮迫さんやロンブーの田村亮さんですが

この他にも参加していたタレントがいるということで、FRIDAYに挙げられていました。

本誌が入手した一本の動画。そこに映しだされているのは、マイクを片手に気持ちよさそうに歌う一人の男だ。

マイクの男が、人気デュオ『くず』の代表曲『全てが僕の力になる!』をよく通る美声で歌い上げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。美声の主は、『雨上がり決死隊』の宮迫博之(49)本人である。

宮迫は愛想よく壇上から挨拶したが、これはお笑いライブでも、芸人仲間の飲み会でもない。かつて世間を騒がせた、大規模振り込め詐欺グループの忘年会なのだ―。

この大規模振り込め詐欺グループは15年6月に摘発されたのだが、その約半年前、14年12月27日に都内のホテルで忘年会を開いていた。本誌が今回入手したのは、宴会の様子を映した動画と写真だ。

忘年会に参加した、詐欺グループの元メンバーが語る。

「12月27日の宴会は、忘年会と大野春水(主犯格として15年に逮捕)の誕生日会をかねて開かれました。主だったメンバー50~60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにした。ゲストとして参加したのは、宮迫のほか、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)、ロンブーの田村亮(47)、カラテカの入江慎也(42)。それ以外にも、あまり売れてない芸人が2~3人いました。会は19時ごろから2~3時間開かれたんですが、芸人たちは会の後半にサプライズで登場しました」

詐欺集団との仲介役となったのは、カラテカの入江だったという。

「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。
入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから」

芸人たちは振り込め詐欺グループだと知って忘年会に参加したのか。本誌は5月下旬、仕事終わりの宮迫を直撃した。

―これ、宮迫さんがその忘年会で歌っている姿なんですが。

「(動画を見ながら)これ俺か? 俺やな」

―振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかった?

「まったく知らないです……」

本誌は参加した芸人の所属事務所である吉本興業にも詳細な質問書を送った。さらに、再三にわたり電話で問い合わせたものの、吉本側の対応は「無回答」だった。

6月7日発売のFRIDAY最新号では、吉本芸人が詐欺グループの忘年会に参加した際の写真を複数掲載、宮迫への直撃取材の様子を詳しく報じている。またFRIDAYデジタルGOLDでは、忘年会の「闇営業」動画を公開している。

https://friday.kodansha.co.jp/article/51918より

このFRIDAYの情報からして闇営業に参加していたのは

カラテカ入江

カラテカ入江

宮迫博之

宮迫博之

ロンブー田村亮

田村亮

レイザーラモンHG

レイザーラモンHG

ガリットチュウ福島善成

ガリットチュウ福島善成

この5人の芸人が参加していたことになります。

宮迫さんはお小遣い制ですし、田村亮さんは田村淳さんほど番組にも出ませんしパッとしません。

さらにレイザーラモンHGさんの場合は妻が会社の社長ということで、しかも自分は仕事がそんなにありません。完全にヒモです。

ガリットチュウ福島善成さんはそもそもテレビにそんなにでません。

こうしてみるとそこまで収入のない方ばっかりなので、とりあえずポケットマネーが欲しかったのでしょうか。

報道では、各タレントに100万円は渡されたとのことでしたから、よほど金に飢えてたのでしょう。

カラテカ入江は契約解消 宮迫博之らはなぜ処分を受けない?引退の可能性も?


また、今回の騒動で、カラテカ入江さんは吉本の事務所を解雇になっています。

しかし、問題はその他の芸人で、世間ではなぜ宮迫博之さんや田村亮さんは解雇や処分がなく厳重注意で終わったのか?

と話題になっていました。

カラテカ入江さんの契約解消に関しての吉本の言い分は

「うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」

とのことでした。

ごもっともですね。

実際に過去には2011年には島田紳助さんが暴力団関係者との交際があったとして、けじめのため引退をしています。


しかし、では宮迫さんや田村さんはどうなのか?

なぜ解雇されないのか?

このような疑問が湧きます。

これはおそらくですが、カラテカ入江さんの場合は、事務所に関係なく、会社「入江コネクション」を起業したり、オンラインサロンを開いたり、講演会や本を出版をしたりして稼いでいます。

中にはアムウェイで稼いでいるとの噂もありましたね。

なので、テレビに出ない入江さんは事務所にとっては全くの稼ぎ頭ではないんですね。

それに対して、宮迫博之さんや田村亮さんは売れっ子芸人で、特に宮迫博之さんなんかは毎日、番組で見ますよね。

事務所にとっては稼いでくれるタレントです。

2人も失うわけにはいきませんよね。

実際に、島田紳助さんが引退する際にも引退までしなくていいと言いたり、活動休止程度で良いのではないと言っていたそうです。

今後、宮迫さんを始めとする闇営業に参加した芸人さんたちにはどんな処分があるのか注目です。

宮迫さんは不倫の時にはCMが取りやめになったりしていますので、今回の騒動でも何らかの出演規制は絶対にあるでしょう。

詐欺グループとなるち必ずと言っていいほどバックには暴力団がいるといわれています。

つまり、暴力団との関わりを持っていたと世間ではイメージ付けられます。

こんなイメージがあるタレントをどこも出演させたくないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です