八重山スタイル店主(有馬明男)に潰れろと炎上?twitterやfacebookや日本人客お断りの貼り紙が偉そう?

八重山スタイル貼り紙

日本人客のマナーが悪いとして日本人客お断りの張り紙を貼ったことで話題になった沖縄県石垣島の「麺屋 八重山style」ですが、この取り組みを始めて客が激減したとの情報が入りました。

この記事では、八重山スタイル日本人客お断りの現在について、八重山スタイルに潰れろとの声について、八重山スタイルのfacebookやtwitterなどについてまとめました。

日本人客お断りの沖縄県石垣島のラーメン店・八重山スタイルの客が激減

 「日本人客はお断り」―。沖縄県石垣市内にあるラーメン店の一つが1日から、観光客や地元客を含む日本人客の入店を制限している。理由はマナーの悪さ。食品を持ち込んだり長居したり、席を余分に取ったり。1人で切り盛りする店主の男性(42)は「日本では『お客さまは神様』とされ、客自身もそう思っているが、そうなのか。金を払えばいいというのはおかしい」と話している。制限は9月末までを予定。

店舗はカウンターのみの全8席。1人に付き1杯を提供しないともうけが出ないため、約3年前から入り口の扉や券売機に「1人1杯」の順守や、乳幼児がいる家族連れの入店を断る張り紙をしていた。

引用:朝日新聞

日本人客お断りの貼り紙を貼ったことで良くも悪くも目立ってしまった沖縄県石垣島のラーメン店「麺屋 八重山style」。

店主の有馬明男さんは日本人客が店のルールを守らなかったりとマナーが悪いことがしばしばあったため、7月から9月までの間、日本人客の来店をお断りという貼り紙を貼ったところ炎上しました。

八重山スタイル貼り紙

しかし、この取り組みを行ってからというものの、店の客が激減したことが店主の有馬明男さんへのインタビューによって明らかになりました。

「客が全然いないんですよ。昨日も2人だけでした。さすがに、いろんな人から文句を言われましたね。経営的には困っていますが、体を休め店の掃除をするなどして、しばらく頑張ろうと思っています」

https://news.livedoor.com/article/detail/16769105/より

なんと客は2人という少なさ。

これでは店はやっていけませんね。

八重山スタイルに潰れろとの声が?

また、ネットでは、この八重山スタイルの日本人客お断りが差別だと炎上しました。

さらに、日本人客お断りの貼り紙を貼ってからというものの、客が2人と激減したことが明らかになり、そのまま潰れろとの声が見られました。

八重山スタイルへ同情の声もありましたが批判の声も非常に多くありました。

八重山スタイルの店主・有馬明男のプロフィール

また、ネットでは八重山スタイルの店主の有馬明男さんの経歴やプロフィールについて話題になっていました。

ここでは有馬明男さんのプロフィールについてまとめました。

  • 名前:有馬明男
  • 生年月日:1977年
  • 年齢:42歳
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 出身高校:名古屋工学院専門学校高等部

有馬明男さんの経歴についてですが、有馬明男さんは中華そば店で3年間、つけ麺店で2年間働いた経歴があります。

また、6年前から八重山に通い始め、竹富島のゲストハウスやフードバーで働くうちに、八重山で生活したいと思うようになり、2012年から八重山スタイルの開店準備を始めた日本でした。

八重山スタイルのfacebook・twitter

最後に、八重山スタイルと店主の有馬明男さんのfacebookやtwitterに関して話題になっていました。

ここでは、八重山スタイルのフェイスブックやツイッターなどについてまとめました。

まず、八重山スタイルのfacebookがこちらです。

今回の報道があって、実名で自己紹介されていますね。

また、八重山スタイルのツイッターについてですが、こちらは調査してみたもののアカウントは特定できませんでした。

ちなみに八重山スタイルの店主である有馬明男さんのfacebookアカウントはこちらです。

有馬明男のfacebook

現在のところ、この有馬明男さんのfacebookアカウントは削除されていました。

おそらく批判コメントが殺到したのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です