20日に東京・文京区で医療機器を乗せたベビーカーから火が出て、やけどをした3歳の女の子が21日朝に死亡しました。

警視庁などによりますと、20日午後3時20分ごろ、文京区本郷のビルの1階の店舗で「ベビーカーが燃え上がった」と消防に通報がありました。火は15分ほどで消し止められましたが、乗っていた3歳の女の子がやけどをして病院で治療を受けていましたが、21日朝に死亡したということです。また、女の子を助けようとした母親と知人の女性も腕にやけどをしました。女の子は両親と料理教室に来ていて、ベビーカーの下には女の子のための医療機器が積まれていたということです。警視庁はこの医療機器から火が出た可能性があるとみて、出火原因などを詳しく調べています。