内田慎也先生の顔画像facebook!新島学園中学校の教員で出身高校や大学は?群馬県高崎市で生徒を車内に監禁し逮捕!

内田慎也先生

6月25日、群馬県高崎市寺尾の山林で車内に10代少女を監禁したとして

新島学園中学校の教員である内田慎也容疑者(27)が逮捕されました。

この記事では
内田慎也容疑者の顔画像
プロフィール
facebookやツイッターなどSNS
自宅住所
勤務先の私立学校・新島学園中学校について
についてまとめています。

群馬県高崎市寺尾町で少女を車内に監禁 内田慎也容疑者逮捕

群馬県警は25日、同県高崎市寺尾町、教員内田慎也容疑者(27)を監禁の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。

捜査1課によると、内田容疑者は25日午後4時半ごろ、高崎市寺尾町の山林内に停車中の乗用車内に、県西部在住の10代の少女を監禁した疑いがある。

少女の母から同日午後1時ごろ、「留守番中の娘が家にいない。室内が荒らされ、物が散乱している」と110番通報があり、少女宅近くの防犯カメラの映像などから容疑者の車を特定。山林内で発見した車の後部座席に容疑者と少女がいたため、捜査員が窓ガラスを割ってドアを開け、少女を保護した。

内田容疑者は包丁を自分の腹に突きつけたが、捜査員が取り押さえたという。少女はけがをしており救急搬送された。命に別条はないという。

内田容疑者は県西部の私立学校の教員。捜査1課は少女との関係について「少女の特定につながるためコメントできない」とし、容疑者の勤務先も明らかにしていない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000088-asahi-sociより

6月25日午後4時半ころ、群馬県西武在住の10代少女が

群馬県高崎市寺尾町の山林内で車内に監禁される事件が発生。

犯人は新島学園中学校教員の内田慎也容疑者(27)。

事件は午後1時頃、少女の母親が留守中の娘が家におらず

室内が荒らされているのを発見し110番通報して発覚しました。

少女は群馬県南部の高崎市寺尾町の山林で発見されました。

犯行内容の詳細は明かされませんでしたが、報道内容から強姦の可能性が高いことがわかります。

報道内容と少女発見現場から強姦の可能性大


今回の内田慎也容疑者による少女監禁事件。

少女の自宅からは遠く離れた群馬県高崎市寺尾町の山林で

内田慎也容疑者と少女が車内の後部座席にいるのを捜査員が発見しました。

報道では内田慎也容疑者の犯行内容は詳しくは明かされませんでしたが

強姦の可能性が高いことが判明しました。

まず、今回の事件について少女の被害状況については

「少女はけがをしており救急搬送された。命に別状はない」

と報道されました。

通常のけがの場合は骨折など、その被害状況が詳しく報道されます。

しかし、今回は「けが」とだけ報道されました。

強姦による処女膜損傷などもニュースでは怪我と報道されます。

また、内田慎也容疑者が少女を監禁した場所は

「群馬県高崎市寺尾町」

以下が高崎市寺尾町の地図です。

そのほとんどが山ばかりの地域です。

今回、内田慎也容疑者が犯行を行なった現場画像はこちらです。

内田慎也容疑者犯行現場

このような場所で単なる暴行を行なったとは考えにくい。

これは強姦の可能性が高いです。

少女は救急搬送されたとのことでしたが

命に別状はないとのことでした。

しかし、精神的ダメージは計り知れないでしょう。

最新の情報では少女は

・両目内出血

・首に全治一週間の切り傷

を受けていたことがわかりました。

内田慎也先生の顔画像・プロフィール


続いて、内田慎也容疑者の顔画像やプロフィールについてここでご紹介します。

内田慎也先生(内田慎也容疑者の顔画像)

  • 名前  :内田慎也
  • 年齢  :27歳
  • 自宅住所:群馬県高崎市寺尾町
  • 勤務先 :新島学園中学校
  • 担当科目:数学
  • 担当学年:2年生
  • 担当部活:硬式テニス部顧問
  • 容疑  :少女監禁

内田慎也は2016年に新島学園中学校の非常勤講師として採用されたのち

2017年から専任講師として勤務していたことが分かりました。

科目は数学を担当していたとのことでした。

また、被害者である少女のプロフィールについては以下です。

  • 年齢  :13歳または14歳
  • 学年  :中学2年生
  • 自宅住所:群馬県西部

内田慎也先生の自宅住所

続いて、内田慎也容疑者の自宅住所について。

内田慎也の自宅住所については

「群馬県高崎市寺尾町」

と報道されています。

こちらが内田慎也の自宅住所と報道された群馬県高崎市寺尾町の地図になります。

ここから、内田慎也容疑者は自宅のかなり近い場所で犯行を行なったことが分かります。

土地勘のある場所を犯行現場に選んだのでしょう。

少女の自宅は群馬県西武とのことでしたので、地図からして

「関越自動車道」

「上越自動車道」

を利用したのでしょう。

内田慎也のfacebookやtwitterなどSNSは?

今回、少女を監禁しけがをさせたとして逮捕された

内田慎也容疑者ですが、ネットでは内田慎也容疑者の

facebookやtwitterなどのSNSについて話題になっていました。

ここでは内田慎也容疑者のSNSについて調査しました。

内田慎也容疑者のfacebook

まず、内田慎也容疑者のfacebookについてですが

こちらは実際に検索してみたところ

内田慎也容疑者と同姓同名のアカウントが複数見つかりましたが

本人特定には至りませんでした。

また、twitterに関しても見つかっていません。

内田慎也先生の勤務先の私立学校は新島学園中学校


また、今回の事件の犯人である内田慎也容疑者の

勤務先私立学校は群馬県新島学園中学校と報道されました。

新島学園中学校はキリスト教系の学校で偏差値は53の中高一貫の私立学校です。

口コミは以下です。

校則が比較的ゆるくて自由な学校です。施設も良く、先生方もユニークな方が多いです。指定校推薦枠は広いのです。同志社大学とかは結構あります。ただ、勉強をする学校というよりは楽しい学校生活を送る学校ですね。w

 

勉強面においても生活面においても、素晴らしい環境が整った学校だと思う。
本校舎の古さは多少気になるが、2018年の夏休みで中はだいぶ綺麗になった。
生徒及び教員の質も良い。他校と比べてかなり平和の部類に入ると思う。
校則は厳しい部分もあるが、キリスト教精神を重んじる学校であるため、自由度は高い。
毎朝の礼拝も人としての大事なことを教えてくれるので、嫌いな生徒も多いとは思うが、いいところだと思う。クリスチャンの教員も多数いるので、担任が行う週2のクラス礼拝も充実していると思う。
かなり英語に力を入れており、英語科の教員のレベルも高い。英語を頑張りたい人にはおすすめ。また、英語を伸ばすためのプログラムも多い。

https://www.minkou.jp/hischool/school/review/3559/より

 

学校からの指導もしっかりしています。
校則は学校のためにあるのではなく、生徒を守るためにあると教えてくれます。

https://www.minkou.jp/hischool/school/review/3559/より

 

比較対象がないのでよくわからないが、
ケータイの使用禁止(放課後の親との連絡のみ許可)
髪染めるの禁止、バイト禁止、ピアス禁止
といったところ
スマホ禁止はあまりにも時代遅れな気がする。

https://www.minkou.jp/hischool/school/review/3559/より

以上から、決して悪い学校のようには思えませんね。

教頭の先生は内田容疑者について

 「驚いているということと、大変残念。(被害の生徒は)ホームルーム(担任)の生徒です。我々の方で問題が考えられるようなところは思い浮かばなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190626-00000041-jnn-sociより

以上のように述べており、日頃は普通だったのでしょう。

内田慎也の出身高校や大学は?

また、今回の少女連れ去り監禁事件で逮捕された

新島学園中学校の教員である内田慎也容疑者ですが

ネットでは内田慎也容疑者の出身高校や大学などの

学歴について話題になっていました。

そこで、内田慎也容疑者の出身高校や大学などを調査してみましたが

現在のところ、どこの高校に通っていたのか、まだどこの大学卒業なのかは

判明しませんでした。

内田慎也容疑者の両親(母親・父親)や兄弟は?

また、今回の内田慎也容疑者の事件に関して

ネットでは内田慎也容疑者の両親や家族について

話題になっていました。

そこで、内田慎也容疑者の母親や父親や兄弟の有無について調査してみましたが

現在のところ、内田慎也容疑者の家族に関する情報はありませんでした。

情報をお持ちの方は是非ご協力ください。

被害者少女は内田慎也の生徒?教え子?


また、内田慎也容疑者と被害少女の関係は

少女特定に繋がる可能性があるとして

報道されませんでした。

一体、内田慎也容疑者と少女はどのような関係だったのでしょう。

キーとなるのは内田慎也容疑者が少女の自宅をきっちり把握していたことです。

内田慎也容疑者の自宅が、今回の犯行現場付近の群馬県高崎市

そして、少女の自宅と内田慎也容疑者の勤務先が群馬県西部

したがって、内田慎也容疑者は偶然、この少女を見つけて

誘拐したのではないでしょう。

内田慎也容疑者はすでに少女について自宅などを把握していた可能性が高い。

となれば考えられる可能性は2つ。

1つ目が少女は内田慎也容疑者の生徒だった。

中学校では家庭訪問などがありますから

内田慎也容疑者が少女宅を家庭訪問した際に

少女宅を把握した可能性です。

2つ目は少女は内田慎也容疑者の教え子だった。

過去の教え子ということで少女宅を知っていた可能性です。

何れにせよ学校の関係で内田慎也容疑者と少女が関わった可能性が高いです。

【最新情報】内田慎也は少女の学校の担任であったことが判明

今回の、内田慎也容疑者による少女監禁暴行事件ですが

内田慎也は少女の担任であることが新たに判明しました。

25日午後、群馬県内の自宅から私立中学の女子生徒を連れ去り車の中に監禁したとして、女子生徒の担任の内田慎也容疑者(27)が逮捕されました。その後の捜査関係者への取材で、女子生徒の顔には「あざ」があることが新たに分かりました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190626-00000041-jnn-sociより

まさかの担任の教師による犯行です。

内田容疑者は数学の2年生の教員で

少女の担任を1年生の時も務めていたとのことでした。

また、犯行当日の6月25日は新島学園中学校は期末試験であったそうです。

内田容疑者は体調を崩し具合が悪いとのことで

前日の6月24日から2日間の休暇をとっており

計画的な犯行と見られています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です