富山県で猫連れ去り犯人の名前は誰?顔画像や自宅住所が特定?猫50匹殺した事件で逮捕はまだ?

富山県猫連れ去り事件

富山県内で飼い猫が相次いで連れ去られる事件が発生していましたが、県内のボランティア団体「しっぽのこころ」が犯人を特定し、自宅を訪問したところ、犯人である男性は1年以上前から猫を50匹から100匹ほど連れ去って殺していたことが分かりました。

この記事では

富山県で起きた猫連れ去り事件の概要
富山県の猫連れ去り事件の犯人の顔画像や名前や自宅住所
富山猫連れ去り犯人はなぜ逮捕されないのか

などについてまとめました。

富山県で猫が50匹以上連れ去られる事件が発生 逮捕は?


今回、富山県で起きた猫連れ去り事件ですが、ニュースによりますと富山県内で飼い猫が相次いで連れ去られているとのことでした。

この問題を受けて、富山県のボランティア団体である「しっぽのこころ」が犯人を調査したところ、富山市内に住む51歳の男性が犯人であることが判明しました。

男性は猫を捕獲した後に、拷問をして楽しんでいたとのことでした。

「すぐに死んでしまってはつまらないから」

と供述しており正気の沙汰ではありません。

また、殺した猫は警察にバレないように海に捨てていたとのことでした。

非常に悪質で許されない行為です。

拷問方法についてはお湯をかけたり弱ってきたら首に紐をかけて殺したとのことでした。

男性の家からは猫を捕獲する際に使用したとみられる道具や、携帯電話の履歴には猫の虐待方法などを調べた検索歴があることから、犯人であることは間違いないとみられています。

富山県猫連れ去り事件

しかし、逮捕となると十分な証拠が見つかるまでは警察も踏み切れないのでしょう。

この男性宅への訪問の際にボランティア団体は携帯電話で男性とのやり取りを撮影しており、その動画では男性自身が犯行の方法や虐待についてなどを語っています。

こちらがその動画です。

早く証拠を集めて逮捕に踏み切って欲しいですね。

飼い猫を狙っているということで、飼い主の方は非常に悲しんでおられると思います。

重い罰が必要です。

富山県猫殺し事件の犯人は誰?顔画像や名前は?


また、今回の富山県で起きた猫連れ去り事件ですが犯人は誰なのでしょう。

ここでは、富山県猫連れ去り事件犯人の顔画像や名前について調べてみました。

まず、動画内で最も犯人の顔画像が分かるのがこちらの画像です。

富山県猫連れ去り事件犯人

富山県猫連れ去り事件犯人

富山県猫連れ去り事件犯人

こう見る限り犯人は51歳とはいえ、虚弱そうに見えますね。

また、頭がハゲていることからも、見た目は51歳よりも歳に見えるのではないでしょうか。

現在のところ名前などの身元は判明していませんが、猫を連れ去り殺害したという確信的な発言をしていますので身元特定も間近でしょう。

猫連れ去り事件の犯人の自宅の住所


また、次に、この猫連れ去り事件の51歳男性は一体どこに住んでいるのでしょうか?

ここでは、猫連れ去り事件の犯人の住所について調査してみました。

報道では、現在のところ富山市内に住む男性としか報じられませんでした。

しかし、犯人は富山県の以下の地域で犯行を行なっていることがボランティア団体「しっぽのこころ」の訪問により判明しています。

  • 射水市
  • 富山市
  • 立山市

おそらく便利の良いところに住んでいるのでしょう。

また、犯人に自宅訪問した際の映像を見てみますと、このように家は一軒家であることが分かります。

富山県猫連れ去り事件犯人自宅

しっかりとした家ですよね。

また、殺した猫は海に捨てていたということから、海に近いところに住んでいたのかもしれません。

また、最新の情報では警察は立件を検討しているとのことでした。

富山県猫連れ去り

6月10日に放送されたグッディでもこの事件は取り上げられていました。

逮捕も間近だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です