【動画】スリランカ爆発原因はテロ?犯人やホテル名・教会や場所や事件性や日本人被害者は?

スリランカ時間21日の午前9時ころに

都市コロンボとその近郊ネゴンボの教会・ホテルでで爆発がありました。

この記事では

スリランカ爆発の動画

スリランカ爆発原因はテロ?

スリランカ爆発の犯人は?

スリランカ爆発のホテル名や教会の場所

スリランカ爆発の事件性

スリランカ爆発の日本人被害者

などネットの疑問についてまとめました。

【動画】スリランカ爆発原因はテロ?犯人や事件性は?

今回のスリランカ爆発事件ですが

ネットでは、スリランカ爆発の原因はテロ?

スリランカ爆発の動画は?

スリランカ爆発の犯人は?

スリランカ爆発の事件性は?

といったことが話題になっていました。

ここでは、スリランカ爆発の原因についてご紹介します。

スリランカ爆発の動画

まず、スリランカ爆発の事件の動画についてですが

これは、あまりにショッキングな内容なので

掲載するのは控えます。

ご覧になりたい方は以下のリンクからお願いいたします。

https://twitter.com/searchq=%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%80%80%E5%8B%95%E7%94%BB&src=typd

スリランカ爆発の原因・犯人はテロ?

今回の事件ですが、計7か所の場所で8回の爆発が生じています。

これが偶然とは考えにくいですし

同時多発テロとみて間違いないと思います。

ただ、イスラーム系かどうかまでは分かりません。

スリランカ爆発事故のホテル名や教会の場所は?


今回のスリランカ爆発事件は

最新では計7か所爆発があったと報道されています。

ネットでは、スリランカ爆発のホテル名や教会の場所について話題になっていました。

ここでは、スリランカ爆発の場所についてご紹介します。

このように、キリスト教徒の祭り「イースター」の日に

今回の爆発テロ事件は起きました。

報道によると

警察によると、爆発は教会3カ所とホテル4カ所などで計8回発生。ホテルのうち3カ所はコロンボにある五つ星の高級ホテルで、宿泊していたとみられる外国人も巻き添えになった。

コロンボ近郊の教会の関係者は、爆発で建物内部がめちゃめちゃに壊れ、屋根に穴が開いた様子を撮影した写真をフェイスブックに投稿、「爆弾攻撃を受けた」と訴えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000039-jij-asiaより

とのことでした。

場所は以下です。

  • コロンボ高級ホテル3か所
  • 教会(聖アンソニー)1か所
  • コロンボ北郊外のネゴンボの教会(聖セバスチャン教会)
  • スリランカ東部バッティカロア・シナモングランドホテル
  • コロンボ南部デヒワラのホテル
  • コロンボ北部のオルゴダワッタ

新しい情報が入り次第追加していきます。

新しい情報が入りました。

最新の情報によりますと

外務省から以下の現地ホテル名と教会の場所が発表されました。

4月21日現地時間の午前9時前後(日本時間の同日午後0時半前後),コロンボ県コロンボ市(聖アンソニー教会),ガンパハ県ネゴンボ市(聖セバスティアン教会),バティカロア県プリヤンティヴ村(シオン教会)の3つの教会と,コロンボ市内のホテル3カ所(シャングリラ,シナモン・グランド,キングスベリー)の計6カ所にてほぼ同時に爆発するなど各所で爆発事案が発生し,多数の死傷者が出ています。
●このような状況を踏まえ,スリランカ政府は本日外出禁止令を発出しました。不測の事態に巻き込まれないよう最新の関連情報の入手に努め,当面の間,事案発生場所の周辺には近づかないようにしてください。

(内容)
1 4月21日(日)現地時間の午前9時前後(日本時間の同日午後0時半前後),コロンボ県コロンボ市(聖アンソニー教会),ガンパハ県ネゴンボ市(聖セバスティアン教会),バティカロア県プリヤンティヴ村(シオン教会)の3つの教会と,コロンボ市内のホテル3カ所(シャングリラ,シナモン・グランド,キングスベリー)の計6カ所にてほぼ同時に爆発事案が発生しました。報道によれば,多数の死傷者が発生している模様です。現時点では爆発の原因を含め詳細は明らかになっていませんが,スリランカ政府によれば本件はテロ事案であり,現地警察当局等が背景を調べています。

2 また,上記1事案発生後には首都スリジャヤワルダナプラ・コッテ付近のデヒワラ(Dehiwela)動物園付近およびデマパゴダにて新たな爆発が起こったとの情報もあります。この状況を踏まえ,スリランカ政府は本日外出禁止令を発出しました(新たな通報があるまで有効)。

3 つきましては,引き続きコロンボを含むスリランカ国内で類似事案の発生も考えられますので,スリランカに渡航・滞在される方は以上の状況を考慮し,不測の事態に巻き込まれないよう最新の関連情報の入手に努めてください。また,外出禁止令が解除された後も,当面の間,事案発生場所の周辺には近づかないようにしてください。スリランカに渡航・滞在される方は,不測の事態に巻き込まれることのないよう以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
教会・モスク等宗教関係施設,ホテル,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等,観光地周辺の道路,スポーツの競技場,コンサートや記念日・祝祭日等のイベント,公共交通機関,観光施設,レストラン,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設。
(3)上記3(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(4)現地当局の指示があればそれに従う。特に爆弾等の事案に遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2019C051.htmlより

スリランカ爆発ホテル名一覧

発表によりますと事件のホテル名は

シャングリラホテル

シナモン・グランドホテル

キングズベリーホテル

シャングリラホテルやシナモン・グランドホテルは

トリップアドバイザーで見てみますと2万円を超えるような高級ホテルです。

したがって、セキュリティーも万全だったはずです。

犯人の侵入経路が気になります。

スリランカ爆発教会一覧

次に、スリランカ爆発教会についてですが

コロンボ県コロンボ市(聖アンソニー教会)

ガンパハ県ネゴンボ市(聖セバスティアン教会)

バティカロア県プリヤンティヴ村(シオン教会)

以上がスリランカ爆発のホテル・協会の完全な情報です。

スリランカ爆発の日本人被害者は?

今回のスリランカ爆発事件ですが

ネットではスリランカ爆発の日本人被害者について話題になっていました。

ここでは、スリランカ爆発の事件の日本人被害者についてご紹介します。

日本の外務省は次のように発表しています。

日本外務省によると、複数の日本人が負傷したという情報がある。教会はイースター(復活祭)を迎え、礼拝に訪れた人でにぎわっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000039-jij-asiaより

無事を祈るばかりです。

【動画】スリランカ爆発原因はテロ?犯人やホテル名・教会や場所や事件性や日本人被害者は?まとめ

この記事では

スリランカ爆発の動画

スリランカ爆発原因はテロ?

スリランカ爆発の犯人は?

スリランカ爆発のホテル名や教会の場所

スリランカ爆発の事件性

スリランカ爆発の日本人被害者

などネットの疑問についてまとめました。

最後にネットの声をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です