市立尼崎高校野球部で体罰したコーチ(男性臨時講師)が特定?誰で顔画像や名前は?

市立尼崎高校野球部体罰

男子バレー部での体罰問題の渦中にある市立尼崎高校ですが、新たな調査では硬式野球部でも男性臨時コーチによる体罰があったことが判明しました。

この記事では、市立尼崎高校の硬式野球部の体罰問題の概要や、市立尼崎高校野球部で体罰をした男性臨時コーチの顔画像や名前など、ネットの疑問について現在分かっていることをまとめました。

市立尼崎高校 野球部でも体罰があったことが判明

兵庫県尼崎市立尼崎高校で、硬式野球部のコーチを務める男性臨時講師(25)が1年生の男子部員に体罰を加えていたことがわかった。18日、市教育委員会が発表した。
市教委は体罰があった事実を認めた上で、「体罰の詳しい内容については調査中」と説明。同校の桑本広志校長は「あってはならない人権侵害で、被害者に申し訳ない」と話している。
同校硬式野球部は、全国高校野球選手権大会に2度出場した強豪。プロ野球選手も輩出している。
同校では、男子バレーボール部で、4月29日にコーチの男性臨時講師(28)が練習中の3年生部員を平手打ちし、左鼓膜裂傷(全治2週間)などのけがを負わせた体罰問題も起きている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190518-OYT1T50177/より

現在、市立尼崎高校で問題になっている体罰問題。

男子バレー部では臨時コーチが部員生徒に平手打ちをし意識を失っていたにも関わらず救急車を呼ばなかったことでさらに、これを隠蔽していたとして問題になりました。

今回、この市立尼崎高校の体罰問題を受けて、5月18日、新たに市立尼崎高校の公式野球部でも臨時コーチの男性教諭(25)による体罰があったことが判明しました。

その体罰内容や理由はひどいもので、硬式野球部での校外合宿にて野球部男子生徒が集会中にあくびをしたことに腹を立てて部員を数十回殴ったとのことです。

あくびをしただけですよ。
あくびは本人の態度に関係なく生理的な現象でしょう。

そんなことも知らずに暴力を振るうとは本当に情けない事件ですよね。
また、twitter上では市立尼崎高校ではこれまでにも体罰があったとして自身の息子への体罰を報告するツイートがありました。

一体、この臨時コーチはどのような人物だったのでしょうか。

市立尼崎高校野球部で体罰をしたコーチは誰?(顔・名前)


今回の市立尼崎高校での体罰問題に関連して発覚した硬式野球部臨時コーチによる体罰事件ですが、一体誰がこのようなことをやったのでしょうか?

ここでは、ネットで疑問になっている市立尼崎高校の硬式野球部で体罰を行なった臨時男性講師に関して誰なのか?名前や顔画像は出ているのか?などの疑問に関して、現在分かっていることをまとめました。

まず、各報道機関やメディアは全て、この体罰を行なった男性臨時講師のコーチに関しては一貫して「25歳の男性臨時講師」と留めていました。

講師ということから教師ではないのかもしれませんね。

今回の野球部体罰を受けて、市立尼崎高校の野球部の監督である竹本修監督は

「野球部で体罰はない」

と説明していたそうです。
男性講師は殴るの他にも蹴ったりもしていたそうで、生徒の間では

「やりすぎではないか?」

「怖かった」

と言われていたそうです。
これは言い逃れできませんよね。

市立尼崎高校野球部体罰問題へのtwitterの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です