澤村拓一(巨人)が泥酔暴行?理由や場所は新宿?相手の一般男性は誰?過去のトラブル歴は?

澤村拓一暴行

巨人の投手として活躍する澤村拓一投手ですが、週刊アサヒの報道によりますと4月中旬頃に泥酔して新宿区のエレベーター内で一般男性に暴行していたことが報じられました。

この記事では、澤村拓一投手の泥酔暴行事件概要と澤村拓一が一般男性を暴行した理由、また、澤村拓一の過去のトラブル歴などネットの疑問についてまとめました。

巨人・澤村拓一が一般男性に泥酔し暴行 場所はどこ?


今回、週刊アサヒによって報じられたのは、澤村拓一が4月中旬に新宿区内のビルエレベーター内で泥酔して一般男性を暴行したという報道でした。

これにはプロ野球球界にも大きな激震が走っているとのことでした。

今回の澤村拓一による泥酔暴行事件の概要は以下です。

ネオンの看板が連なる飲食店ビルのエレベーターの中、男は同乗していた見知らぬ男性をにらみつけるといきなり胸倉に掴みかかった。隆々とした太い腕で、有無を言わさず男性の首根っこを締め上げると、そのままエレベーターの壁までドスンと突き飛ばした。筋肉トレーニングで鍛え上げられた圧倒的な腕力でミシミシと締め上げると、男性の首はポキッと折れそうなほどひしげた。その怒気を帯びた表情の三角マユの男の正体は誰あろう、読売ジャイアンツ・澤村拓一その人だった。

巨人番記者が語る。

「澤村は、4月6日のDeNA戦で今季初先発のマウンドに登っていますが、4回4失点、5回まで持たずに降板しています。その翌日には、登録が抹消され、2軍落ちとなりました。その翌週の2軍戦で先発が予定されていたのですが、何の前触れもなく登板を回避したのです。その原因が飲みに行った先で客とトラブルを起したことだった」

球団関係者が重い口を開く。

「4月中旬、場所は新宿区内、クラブなど飲食店が立ち並ぶビルのエレベーター内でした。見ず知らずの人の首を締め上げる暴挙には、さすがに澤村と同行していた仲間が止めに入り、男性に大きなケガはなかった。澤村は泥酔状態でまったく覚えていないようです。ちなみに、澤村と一緒だったのは選手ではありません」

https://www.asagei.com/excerpt/126037より

この報道によりますと澤村選手は4月の中旬にビルのエレベーター内で一般男性の胸ぐらを掴み上げて壁に叩きつけたとのことでした。

このビルにはクラブなどが入っていたため

また、澤村拓一選手は泥酔していたと言いますから相当飲んでいたのでしょうね。

それにしても、スポーツで鍛え上げた体で暴行されるとなると一般男性にとっては恐怖でしかないですね。

また、今回、澤村投手が暴行した新宿区内のビルの場所についてですが

報道によりますと新宿区内とだけ記載されましたので、特定には至りませんでした。

一応、新宿区内のビルでクラブが入っているビルがこちらです。

  • エスカイヤクラブ新宿文化ビル店
  • 新宿CLUB&DJ BAR BUMP(バンプ)
  • チャームCLUB CHARM

など、様々なクラブビルが立ち並んでいますね。

この中のどこかのビルで澤村拓一選手は泥酔暴行したのかもしれません。

澤村拓一が暴行した理由は?一般男性は誰?


今回、新宿区内のビルで一般男性を泥酔して

暴行した疑いが持たれている澤村拓一投手ですが

ネットでは、澤村拓一の暴行理由や相手の一般男性は誰?

と話題になっていました。

ここでは、澤村拓一の暴行理由や相手の一般男性についてまとめました。

暴行理由

まず、澤村拓一の泥酔暴行の理由についてですが

これについては週刊アサヒは直接的には報道していませんでした。

しかし「澤村選手は2軍落ちした後の登板を控えていた」と書かれています。

そのため、2軍落ちしてむしゃくしゃしていたのは確かでしょう。

また、後に述べますように澤村拓一は相当酒癖が悪く、過去に何回も酒のトラブルを起こしているようです。

そのため、そもそもお酒が入って泥酔すると暴力的になる人間なのかもしれませんね。

暴行相手の一般男性

次に、澤村拓一に暴行された一般男性についてですが

これは、各メディアや週刊アサヒの記事を確認してみましたが

暴行相手の一般男性についての情報は全くありませんでした。

おそらくこの暴行も、一般男性による通報によって巨人軍に連絡が行ったものでしょうから、通報者である被害者の一般男性の情報は漏らさないのが前提でしょうね。

ファンなどから恨まれても大変ですし。

新しい情報が入り次第追記します。

澤村拓一は過去にもトラブルがあった?

そんな、泥酔して一般男性を暴行した澤村拓一選手ですが

週刊アサヒでは澤村拓一は過去にも酒席の場でトラブルを起こしていたと書かれていました。

ここでは、澤村拓一選手の過去のトラブル歴についてまとめました。

川崎市人身事故

まず澤村投手が23歳の時に起こした人身事故です。

2012年に、川崎市多摩区南生田1丁目の市道交差点で澤村拓一投手は運転中に乗用車に衝突しました。

運転していた男性会社員とその妻・娘は首の捻挫や打撲などの軽傷を負いました 。

事故現場は信号機のない十字路交差点で、会社員が交差点に進入したところ、澤村投手が左から直進してきたといいます。

元妻・森麻季DV事件

また、2013年4月には澤村拓一は元妻の森麻季さんにDVをしていたとの報道もありました。

報道によれば、2012年秋頃に澤村投手の夜の付き合いなどを巡って夫婦喧嘩をし、森麻季さんの顔に青あざができる事態となったといいます。

澤村投手はDVを否定していましたが、このDVが離婚のきっかけとなったとも報じられました。

今回の泥酔暴行事件もそうですが澤村選手は気性が荒いのかもしれません。

六本木クラブ暴行事件

まず、2014年10月に六本木のクラブで起きた「六本木クラブ暴行事件です。」

澤村選手が26歳の時に、澤村拓一投手の「六本木クラブ暴行事件」週刊文春に報じられました。

2014年10月、六本木のクラブで夜遊びをしていた澤村拓一投手が、同じフロアにいた男性とトラブルになり、暴行を加えたという事件がありました。

澤村拓一泥酔暴行に対するtwitterの反応


巨人の投手として活躍する澤村拓一投手ですが、週刊アサヒの報道によりますと4月中旬頃に泥酔して新宿区のエレベーター内で一般男性に暴行していたことが報じられました。

この記事では、澤村拓一投手の泥酔暴行事件概要と澤村拓一が一般男性を暴行した理由、また、澤村拓一の過去のトラブル歴などネットの疑問についてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です