藤井隆太(龍角散社長)の経歴・学歴!wikiプロフィールや家族は?元法務部部長は誰?セクハラはデマ?

藤井隆太

製薬会社の「龍角散」の社長である藤井隆太がセクハラを行なったとして調査を進めた50代女性の元法務部長ですが、藤井隆太社長からセクハラの捏造を行なったとして解雇されたとのことで、元法務部長が提訴していたことがわかりました。

この記事では

藤井隆太社長セクハラ不当解雇問題の概要
藤井隆太社長の経歴・プロフィール・家族
元法務部長の50代女性について

などネットの疑問についてまとめました。

龍角散の藤井隆太社長にセクハラ疑惑 元法務部長が不当解雇され提訴

製薬会社「龍角散」(東京・千代田)を3月に解雇された元法務部長の50代女性が6日、解雇は無効だとして地位の確認や賃金の支払いなどを求めて東京地裁に提訴した。「藤井隆太社長によるセクハラを調査した際、事実を捏造(ねつぞう)したと事実無根の理由で解雇された」と訴えている。

訴状などによると、2018年12月、社内の忘年会で藤井社長が女性従業員に抱きつくなどの行為があったと知った元部長は、調査を実施。セクハラがあったとする同席者からの聞き取り結果や、第三者相談窓口を求めるこの女性従業員からの要望などをまとめた。

その後、藤井社長に「セクハラを捏造してけしからん」と言われ、自宅待機を命じられた。さらに「女性従業員はセクハラと思っていなかったのに、意向と異なる申告をさせた」などとして、3月28日付で解雇された。

東京都内で記者会見した元部長は「勇気を出さなければ第2、3の被害者が出ると思い、提訴を決めた」と話した。

龍角散は取材に「第三者機関の法律事務所に依頼した調査ではセクハラは認められなかった。訴状が届き次第、適切に対応していく」と答えた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45775910W9A600C1CR8000/より

今回、問題になったのは、製薬会社である龍角散で起きた藤井隆太社長による元法務部長不当解雇問題です。

50代元法務部長女性によれば、2018年6日にに龍角散の社内忘年会の時に、社長である藤井隆太さんが女性従業員に抱きついたり、手をさすったり、「この首筋がゾクゾクするよ」と発言したとするセクハラ行為があったそうで、それを目撃した社員から社長は止められ帰らされたとのことでした。

この忘年会に、今回、不当解雇されたとして提訴した元法務部長の女性は参加していなかったようで、参加者から話を受けて、第三者相談窓口設置を検討したり、セクハラ調査を行なったとのことでした。

それに対して、藤井隆太社長は、女性はセクハラはなかったと言い、元法務部長の女性がセクハラという事実を捏造しているとして2019年3月に解雇したとのことでした。

これを不当解雇として、今後の龍角散車内での被害防止のために提訴したとのことでした。
この問題に関して、龍角散は法務事務所に依頼した調査ではセクハラはなかったと主張しています。

事実は内部の方しかわかりませんね。

龍角散社長 藤井隆太のwikiプロフィール(経歴・学歴)


今回のニュースでは龍角散の社長である藤井隆太さんの名前が上がりました。

ここでは藤井隆太さんの経歴やプロフィールについてまとめました。

藤井隆太

  • 名前  :藤井隆太
  • 生年月日:1959年
  • 出身地 :東京都
  • 高校  :桐朋女子高等学校音楽科
  • 大学  :桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業
  • 大学院 :桐朋学園大学音楽研究科卒業
  • 父   :龍角散4代目社長(藤井康男)
  • 祖父  :龍角散3代目社長(藤井得三郎)

また、藤井隆太社長の経歴について以下にまとめました。

  • 1985年、父の勧めにより小林製薬に入社
  • のどぬ〜るのプロダクトマネージャーに携わる
  • 三菱化成に勤務経験あり
  • 1994年、龍角散に入社
  • 1995年、龍角散の社長に就任
  • 40億円の負債に対して龍角散をのどの専門メーカーへとブランディングし2017年には売り上げを4倍以上の176億円にする
  • 「龍角散ダイレクト」や「おくすり飲めたね」、「らくらく服薬ゼリー」を生む
  • 厚生労働省社会保障審議会医療保険部会委員
  • 日本商工会議所社会保障専門委員会委員
  • 日本家庭薬協会未来事業推進委員会委員長
  • 公益社団法人東京生薬協会会長

面白いのが、1985ねんい小林製薬に務めた藤井隆太さんは消毒薬「のどぬ〜る」のマーケティングに関わっていたそうですが、藤井隆太さんの戦略がうまくいき、当時トップであった龍角散「クララ」を抜いてトップになったそうです。

当時、藤井さんは龍角散を倒すことだけを考えていたそうです。

藤井隆太社長はフルート奏者!コンサート動画も!

藤井隆太社長といえば龍角散ですが、実は音楽家としても非常に優れた方です。

まずは音楽家としての経歴をまとめました。

  • 3歳からヴァイオリンを習う
  • 小学校に進学するあたりにフルートを演奏していた
  • 高校在学中よりフルート奏者として活動
  • 桐朋学園大学音楽学部研究科在学中にフランスのエコールノルマル音楽院に留学
  • フランス留学後はプロのフルート奏者として活動
  • 龍角散社長就任後もフルート奏者として活動

このように、藤井隆太社長は音楽家として優れた経歴をお持ちのようです。

こちらが実際の藤井隆太社長のフルート演奏です。


藤井隆太社長の家族


そんな藤井隆太社長ですが、家族については詳しい情報がありません。

一体、藤井隆太社長の家族とはどのような人物だったのでしょうか?

ここでは、藤井隆太社長の家族についてまとめました。

祖父:藤井得三郎さん

まず、藤井隆太社長の祖父についてですが、藤井得三郎さんという方だそうで

龍角散の三代目社長とのことでした。

藤井得三郎

この時は龍角散は株式会社藤井徳三郎商店という名前だったそうですね。

藤井得三郎さんのプロフィールをまとめました。

  • 名前  :藤井得三郎
  • 生年月日:1878年1月
  • 出身地 :愛知県
  • 享年  :91歳

父:藤井康男さん

次に、藤井隆太社長の藤井康男さんについて。

こちらは龍角散の4代目社長とのことでしたが、藤井隆太さんによれば典型的なボンボンだったそうで、社長ではありますが経営を古参役員に任せっきりだったそうです。

ちょうど、藤井隆太さんが龍角散に入社した時には多額の借金で倒産寸前だったそうです。

藤井康男さんはボンボンということもあり、多趣味な方だったそうです。

軍艦のプラモデルやレコードを集めたり文筆家として活動したり、クラッシック音楽に没頭したりと本当に多趣味です。

こうしたところから藤井隆太さんは影響を受けて音楽を始めたと言われています。

以下に父の藤井康男さんのプロフィールについてまとめました。

  • 名前 :藤井康男
  • 出身地:東京都
  • 大学 :千葉大学薬学部卒業
  • 大学院;大阪大学理学部進学(60年に博士号取得)

また藤井康男さんの経歴は以下です。

  • 1955年:龍角散入社
  • 1960年:大阪大学理学博士
  • 1963年:龍角散社長
  • 1967年:1977年まで北里大学助教授
  • 1995年:龍角散会長
  • 臨床試薬会社ヤトロン(現在のLSIメディエンス)の社長や千代田区教育委員などを務める

妻や子供

また、藤井隆太社長の妻や子供についてですが

こちらは調べてみたところ現在は情報がありませんでした。

年齢的にも結婚していてもおかしくないですし

龍角散の後継のためにも息子がいそうですよね。

龍角散を提訴した元法務部長の50代女性は誰?

また、今回、龍角散で起きたセクハラ調査による元法務部長不当解雇問題ですが

この50代女性の元法務部長は誰なのでしょうか?

龍角散を提訴した元法務部長について調べてみたところ、現在は全く情報がありませんでした。

報道では50代女性ということなので

  • 名前:不明
  • 年齢:50代
  • 役職:龍角散元法務部長

ということしか分かっていません。

twitterの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です