大野和男(東京都市大学教授)の経歴・学歴や顔画像は?覚醒剤の入手ルートは?

東京都市大学

東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者(51)が

東京都新宿区で覚醒剤を所持していたとして6月2日に

逮捕されていたことが判明しました。

この記事では
大野和男容疑者の覚醒剤所持逮捕の詳細
大野和男容疑者のプロフィール(経歴・学歴)
大野和男容疑者の覚醒剤入手ルート
などネットの疑問についてまとめました。

東京都市大学人間科学部教授が覚醒剤 大野和男容疑者逮捕

東京都新宿区の路上で覚醒剤を所持したとして、警視庁四谷署が今月2日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者(51)を逮捕していたことが24日、同署への取材で分かった。21日に同法違反(所持、使用)の罪で起訴されている。調べに容疑を認めている。

昨年4月にも覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕されており、有罪判決を受けて執行猶予中だった。

東京都市大学は24日、「全教職員への指導を徹底し再発防止に努める」などとするコメントを出し、今後処分を検討するとしている。

大学のホームページによると、専門分野は発達心理学など。
https://news.livedoor.com/article/detail/16669856/より

今回の事件ですが、東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者(51)が

東京新宿区で覚醒剤を所持していたとして逮捕されたとのことでした。

報道によりますと大野和男容疑者は2018年4月にも覚醒剤所持で逮捕されていた

とのことで、現在は執行猶予中だったそうです。

覚醒剤を使用し執行猶予中にもう一度薬物に手を出すとは

もう本当に依存症だったのでしょうね。

また、覚醒剤を使用し逮捕されたことのある人物を

大学に教授として在籍させておく東京都市大学の神経も疑いますね。

大学のホームページには次のように謝罪文が掲載されていました。

本学教員の逮捕・起訴について
本学 人間科学部の教員が、2019年6月2日に覚せい剤所持の容疑により逮捕・勾留され、6月21日(金)に覚せい剤取締法違反(所持及び使用)にて起訴されたとの連絡がありました。教員が逮捕・起訴されたという事実を重く受け止めるとともに、事実関係を確認し、就業規則に則り厳正に対処いたします。また、全教職員への指導を徹底し、再発防止に努めてまいります。学生、保護者の方々をはじめ、関係する皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

2019年6月24日 東京都市大学 学長 三木千壽

https://www.tcu.ac.jp/news/all/20190624-23822/より

大野和男容疑者の顔画像やプロフィール(経歴・学歴)


今回、覚醒剤使用の疑いで二度目の逮捕となった

東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者ですが

ネットでは大野和男教授の経歴・学歴やプロフィールについて

疑問の声が上がっていましたのでここでまとめました。

まず、大野和男教授の顔画像ですが、こちらは東京都市大学のホームページを確認してみたところ削除されていました。

大野和男教授

仕事が早いですね。

続いて大野和男教授のプロフィールについては以下です。

  • 名前:大野和男
  • 職名:教授
  • 学位:博士(心理学)
  • 専門分野:発達心理学など

また、東京都市大学の公式ホームページには大野和男教授の専門分野について

以下のように詳しく書かれていました。

専門分野・テーマ

<発達心理学と保育領域の双方に関係する研究>
・「保育者アイデンティティの形成過程」というテーマで、学生のみなさんが、「保育者になっていく」過程について検討。
・「クラス集団の中での子どもの発達と関係性」について、保育者がひとりひとりの子どもを、そして集団としてのクラスをどのような視点で見ているのかについて検討。

https://www.tcu.ac.jp/academics/humanlife/profile/より

また、「教員からのメッセージ」には次のように書かれています。

教員からのメッセージ

人は、それぞれの文脈の中で、生活し、発達していきます。それは、大人も子どもも同じです。学生の皆さんは、大学に入学してから、自分についてどのように感じているでしょうか?児童学科で学ぶ内容は、自分自身の子どものときはどうだったかについて振り返る機会を多く与えてくれているのではないでしょうか?
では、なぜ児童学科で学ぼうと思ったのでしょうか?少なくとも、「子どもが好き」という気持ちを持っているからだと思います。「好き」という気持ちを忘れず、「好き」なだけでは携わることができない専門性を身につけていってください。
https://www.tcu.ac.jp/academics/humanlife/profile/より

2度も逮捕されるということは、好きという気持ちを忘れず覚醒剤を嗜んだのでしょうか。

また、大野和男教授の経歴については以下です。

  • 2002年ー2003年:日本女子体育大学,体育学部(助手)
  • 2004年     :松本短期大学(助教授)
  • 2014年ー2015年 : 鎌倉女子大学(准教授)、公私立大学の部局等
  • 2016年ー2017年 : 鎌倉女子大学児童学部(准教授)
  • 2019年     :東京都市大学人間科学部(教授)

様々な経歴をお持ちのようです。

大野和男教授の学歴については不明でした。

大野和男教授の覚醒剤入手ルートは?


また、今回、覚醒剤所持で逮捕された大野和男教授ですが

大野和男教授の覚醒剤の入手ルートについても話題になっていましたので

調べてみましたが、報道には入手ルートについての詳細は

報じられませんでした。

しかし、去年も覚醒剤で逮捕されていますのでおそらく

常習的にどこかから買っているのでしょうね。

ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です