中埜和英(ミツカン社長)の経歴や自宅は?韓国人?次女のお家騒動の現在は離婚調停中だった!

中埜和英ミツカンお家騒動

家庭用食酢の約7割を占めるミツカンですが現在の社長と次女中埜聖子の家族を巡るお家騒動が問題になっています。

この記事では

ミツカンのお家騒動の現在の最新情報
中埜和英の経歴や自宅や国籍(韓国)について
中埜和英の家族(次女・長女)
中埜和英のプロフィール(生年月日・学歴)

などネットの疑問についてまとめました。

【最新情報6月3日】ミツカンお家騒動に安藤優子が忖度発言で炎上!


現在、問題になっているミツカン8代目当主の中埜和英社長と次女中埜聖子(40)さん中埜大輔さんを巡るお家騒動ですが

中埜和英会長が、次女の中埜聖子さんと大輔さんを引き離すべく大阪の物流センターに強制転勤の命令を受けたとして夫の中埜大輔さんが名古屋地裁に仮処分を申し立てたとのことでした。

中埜大輔さんは身に覚えのない罵倒と不当な配転などのパワハラを訴えていました。

中埜大輔さんは2013年に中埜聖子さんと結婚され、中埜家に婿入りしミツカンに入社したそうですが、中埜和英社長と妻の中埜美和副会長から叱責されることが増えたとのことでした。ミツカンの退職も勧告されたそうです。

そして、このミツカン中埜家のお家騒動に関して、6月3日に報道されましたグッディで安藤優子さんが忖度発言をしたとして大炎上していました。

その忖度発言というのは

「理由もなく会長がそんなひどいことをするとは思えない」

とい発言でした。

これに対してネット上では

  • 中埜大輔さんが受けたパワハラは仕事レベルに関わらず問題
  • テレビ側の忖度発言
  • 大手スポンサーの悪口は言わない
  • 中埜和英社長の権力への忖度

など批判が殺到しました。

【最新情報6月4日】ミツカンお家騒動の家族会議音声が流出!


また、今回ミツカン中埜家で問題になっているお家騒動ですが、中埜家の家族会議の音声が流出したとして話題になっていました。

こちらが6月4日に「グッディ」で報道されたミツカンお家騒動の中埜家家族会議の音声です。


ここでは、中埜和英社長と副会長である中埜和英の妻、ミツカン取締役である長女、そして次女の家族4人の会議の会話が暴露されました。

では、今回、お家騒動で問題になっている中埜和英とはどのような人物なのでしょうか?

中埜和英の経歴プロフィール


今回、ミツカンのお家騒動で問題になっている中埜和英社長ですが、ネットでは中埜和英社長の経歴やプロフィールについて話題になっていましたのでここでまとめました。

まず、中埜和英社長のプロフィールについて。

  • 名前  :中埜和英(読み方:なかのかずひで)
  • 生年月日:1950年9月18日
  • 年齢  :68歳
  • 出身地 :愛知県
  • 大学  :慶應義塾大学商学部
  • 自宅住所:愛知県半田市北末広町10

中埜和英社長の経歴についてですが。

まず、中埜和英社長は慶應大学商学部を卒業後、ミツカン子会社の中埜酢店に入社します。
最初からミツカンの中心で働いたのではなく、子会社で働き始めたのですね

おそらく、ここのトップとして経営などの修行を積んだのでしょう。
その後は2002年に7代目会長である中埜政一が亡くなった後、ミツカン本社の会長となりました。

以下に、中埜和英社長の経歴をまとめました。

  • 1973年:中埜酢店入社
  • 1976年:東京ミツカン取締役
  • 1986年:中埜酢店入社専務
  • 1994年:中埜酢店専務
  • 1995年:中埜酢店副社長
  • 1998年:ミツカングループ本社副社長
  • 2002年:ミツカングループ本社社長
  • 2014年:Mizkan Holdings会長

このように、見ると中埜和英社長は様々な役職でミツカンに勤めていたことがわかりますね。

中埜和英の国籍は韓国?在日?


また、ネットでは中埜和英社長の国籍について韓国?在日?と話題になっていました。
ここでは中埜和英社長の国籍について調査しました。

まず、中埜和英社長の国籍についてですが「韓国」「在日」といったワードが見られました。

そこで、まず中埜和英社長の両親を確認してみたところ中埜和英社長の両親は

父:中埜政一
母:竹本ふじ

とのことでした。

父の中埜家といえば1854年生まれの中埜又左衛門さんに続く長い家系です。
その中で朝鮮系の血が混じったかどうかはもはや誰にも分からないでしょう。

では、中埜和英社長の母はどうでしょうか?

中埜和英の母である竹本ふじさんは竹本長三郎の五女です。

竹本長三郎といえば竹本油脂という愛知県のごま油や界面活性剤の企業ですが
この企業も1725年から続いている日本の老舗企業です。

よって、この脈々と続く2人の企業の家系の中で、どこかに韓国人が混じったことについては誰にも分かりませんが、少なくとも中埜和英社長の父と母に関しては韓国や在日とは関係がないと筆者は思います。

おそらく、中埜という苗字が珍しく、辞書には載っていないためこのような噂が出たのでしょう。

中埜和英の家族(妻・長女・次女)について


最後に、今回の中埜和英社長のミツカンお家騒動で浮き彫りになった、中埜和英社長の家族についてまとめました。

まず、以下が中埜和英社長の両親や兄弟に関する家系図です。

  • 父 :中埜政一
  • 母 :竹本ふじ
  • 長男:中埜和英
  • 二男:中埜宏泰
  • 三男:中埜昌美
  • 長女:中埜知子

次に、こちらが中埜和英社長の妻や娘を含む家族です。

  • 妻 :西野美和
  • 長女:中埜裕子
  • 次女:中埜聖子

また、「日本食料新聞」の2016年10月5日の11424号には中埜裕子さんについて以下のように書かれていました。

 9月29日付  ▽Mizkan Holdings専務取締役(監査役)中埜裕子  ※同日付でミツカングループ各社(中埜酢店、Mizkan Asset、Mizkanほか)の専務取締役に就任

https://news.nissyoku.co.jp/news/fukushima20160929052600598より

どうやら、長女の中埜裕子さんは

  • Mizkan Holdings専務取締役(監査役)
  • ミツカングループ各社(中埜酢店、Mizkan Asset、Mizkanほか)専務取締役

に就任していたことが分かりました。

また、次女の中埜聖子さんに関しては週刊文春の報道により、現在はイギリスに中埜大輔さんと共に、イギリスに移住していたとのことでした。

2014年には男児が誕生しています。

中埜聖子さんの学歴や経歴、顔画像などは判明しませんでしたが、ミツカングループはイギリスにも支店があるとのことなのでそちらに勤めているのかもしれませんね。
また、最新の情報によりますと、次女の中埜聖子さんは現在、夫の大輔さんと離婚調停中とのことでした。

世間の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です