武蔵陵墓地(昭和天皇陵)遺体は殉死で自殺?誰?遺書やボウガン?顔画像や名前は?

武蔵陵墓地殉死

令和元年の5月1日の午前7時ころ、東京都八王子市の昭和天皇陵がある武蔵陵墓地で男性が胸にボウガンが刺さった状態の遺体が見つかりました。

この記事では、武蔵陵墓地で殉死(自殺)した男性は誰なのか、顔画像や名前、ボウガンや遺書などについてまとめました。

武蔵陵墓地(昭和天皇陵)で男性遺体 殉死(自殺) 場所はどこ?


今回事件となったのは、昭和天皇陵などがある武蔵陵墓地で、男性が殉死(自殺)した事件です。

男性の胸にはなんと弓の銃であるボウガンが刺さっていたとのこと。

自殺とみて捜査がされているということから、自分にめがけて打ったのでしょうか。

事件の概要は以下です。

1日午前7時ごろ、東京都八王子市の武蔵陵墓地の敷地内で、宮内庁職員が男性の遺体を発見した。近くにはボーガンのようなものが落ちていたといい、警視庁高尾署は自殺の可能性があるとみて調べている。

同署などによると、男性は30~50歳代くらい。墓地には、昭和天皇陵(武蔵野陵)と香淳皇后の武蔵野東陵、大正天皇の多摩陵、貞明皇后の多摩東陵がある。

https://mainichi.jp/articles/20190501/k00/00m/040/062000cより

令和の最初の日に自殺とは、計画性を感じますよね。

また、武蔵陵墓地と天皇が眠る墓地で自殺したということも意味深ですね。

このようなこちから、この遺体は殉死と言われています。

こちらが武蔵陵墓地の地図です。

男性はこの武蔵陵墓地の中の工事が行われている造成地で自殺していたとのことでした。

武蔵陵墓地(昭和天皇陵)で殉死(自殺)した男性は誰?(顔・名前・遺書)


今回の武蔵陵墓地での男性の自殺ですが

ネットでは、この武蔵陵墓地で自殺した人は誰であるのか?について話題になっていました。

ここでは、武蔵陵墓地で自殺した男の顔画像や名前についてご紹介します。

武蔵陵墓地で自殺した男の顔画像

まず、武蔵陵墓地で自殺した男の顔画像についてですが

こちらは現在のところ公表されていませんでした。

現在取り調べ中とのことなので、顔画像は後ほど公開されるかもしれませんね。

または、遺族の方が顔画像の後悔を望んでいない場合もあります。

武蔵陵墓地男性顔画像

武蔵陵墓地で自殺した男性の顔画像についてはこれくらいしか見つかりませんでした。

報道によりますと、男性は30~50代くらいの男性だそうでした。

ボーガンを持っているあたりから、何か特殊な職業か趣味を持っていそうですよね。

また、武蔵陵墓地という数々の天皇が眠る墓地で、この令和の元年に自殺したというのも

何か、思想的な関係がありそうです。

武蔵陵墓地で殉死した男の名前

また、武蔵陵墓地で自殺した男の名前についてですが

こちらも現在公表されていません。

身元や名前などもおそらく分かっていない状態かと思われます。

ということは、身分証明証を何も持たずに武蔵陵墓地に来て自殺したのでしょうか。

武蔵陵墓地で殉死した男性の遺書

また、この武蔵陵墓地で自殺した男性には遺書も見つかっているそうです。

警視庁などによりますと、1日午前7時過ぎ、八王子市長房町の武蔵陵墓地の敷地内で、30代から50代とみられる男性がうつぶせで倒れているのを宮内庁の職員が見つけました。男性は現場で死亡が確認され、近くからボウガンと矢のほか、遺書のようなものが見つかったということです。武蔵陵墓地には、昭和天皇が埋葬されている武蔵野陵があり、男性は工事中の場所で見つかりました。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3662780.htmlより

おそらく、この遺書が自殺と判断する決定的な材料となったようですね。

twitterの反応

この記事では、武蔵陵墓地で自殺した男性は誰なのか、顔画像や名前などについてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です