「みんなでいじめよう」福島県公立中学教師は誰で学校はどこ?名前や顔画像は?中学3年生が不登校に!

5月17日に、福島県南部の公立中学校で、男性教師(48)が黒板に中学3年生の生徒の名前を名指しして「みんなでいじめよう」と黒板の目標欄に書いたとして戒告処分を受けたことが分かりました。

この記事では、男性教師による「みんなでいじめよう」事件の概要や、黒板に「みんなでいじめよう」と書いた男性教師の学校や顔画像や名前など、ネットの疑問についてまとめました。

福島県の公立中学校で教師が黒板に「みんなでいじめよう」と書く 男子生徒が不登校に

福島県教育委員会は17日、中学3年の男子生徒(当時15)を名指しし、「みんなでいじめよう」と教室の黒板に書き込んだとして、県南部の公立中学校の男性教諭(48)を減給10分の1(6カ月)、校長を戒告処分にしたと発表した。

 県教委によると、教諭は昨年10月10日、整髪料を付けすぎていたとして、男子生徒を口頭で注意。その後、黒板の1日の行動目標を書く欄に男子生徒の名前とともに、「調子にのっているからみんなでいじめよう」と書いたという。

 生徒はその後、卒業までの104日間のうち57日を欠席し、不登校になった。現在は進学した高校に通学しているという。

 教諭は「生徒と信頼関係があると思っていたため、冗談のつもりで書いてしまった。軽率だったと大変反省している」と話しているという。
http://news.livedoor.com/article/detail/16475649/より

今回の事件ですが、2018年の10月10に中学3年生の男子生徒が整髪料をつけすぎていたということで男子教師が男子生徒に注意し、男子生徒の名前を黒板に書いて「みんなでいじめよう」と行動目標欄に書いたとして、戒告処分を受けました。

教師がこのようなことを行なった理由は、男子生徒がワックスなどの整髪料をつけすぎていたからとのことでしたが
これは一概に教師が悪いのでしょか。

行為自体は褒められるものではありませんが、生徒が不登校とは恣意的な書き方ですよね。
ワックスをつけて注意される中学生が「みんなでいじめよう」などと書かれたぐらいで不登校になるとは思えませんね。

一応、教師が悪いことにはなっていますが。
では、この男子教師はどのような教師だったのでしょうか?

男子教諭の中学校はどこ?


今回の教師による「みんなでいじめよう」事件ですが
ネットでは、この中学校はどこかと話題になっていました。

ここでは、男性教師の中学校について現在分かっていることをまとめました。

まず報道によりますとこの中学校は「福島県の南部の公立中学校」ということでした。

こちらが福島県南部の公立中学校一覧です。

この中の中学校なのでしょうか。

男子教師が特定?顔画像や名前は?


次に、ではこのような「みんなでいじめよう」などと黒板に書いた男子教師は誰なのか?と話題になっていました。

そこで、調べてみたところ、この男子教師については年齢が48歳ということしか報道されていませんでした。

まあ、このくらいのことで顔画像や名前が公開されるはずはありませんよね。

それよりも、この男子生徒の方が問題でしょう。

この男子生徒は卒業までの104日のうち57日を欠席したということですが

男子教師の行為がどんなに悪くても、この男子生徒の行いが良いものには決してなりません。

自分がよく分かっているはずですね。悪いことをしたと。

恥ずかしくて行かなかっただけでしょう。

現在は高校に通学しているとのことですが、これからの人生は真っ当に生きてくれるよう願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です