松本市安曇事故のバス会社は月川観光?運転手は誰で顔画像や名前は?事故の原因は?

松本市安曇事故

7月13日午後、長野県松本市安曇の国道158号線で月川観光が所有する観光バスと乗用車が正面衝突し21人が病院に搬送される事故が発生しました。

この記事では、松本市安曇事故の詳細や事故現場の場所や被害状況、また事故を起こしたバス会社である月川観光やバス運転手の顔画像や名前などについてまとめました。

長野県松本市安曇国道158号線で事故!原因は何?

13日午後、長野県松本市で観光バスと乗用車が正面衝突し、あわせて21人が病院に搬送され、1人が意識不明の重体。

13日午後0時半ごろ、松本市安曇の国道158号線で、観光バスと、対向してきた普通乗用車が正面衝突した。この事故で21人が病院に搬送され、車を運転していた50代くらいの男性が意識不明の重体、車の助手席に乗っていた50代の女性が大けがをした。バスには乗客・乗員あわせて43人が乗っていて、このうち19人が軽いケガをした。

観光バスは茨城県の会社が所有していて、13日朝、茨城県を出発し、1泊2日の予定で長野県と岐阜県に向かう予定だった。警察が事故の原因を詳しく調べている。

https://news.livedoor.com/article/detail/16769325/より

今回の事故ですが、7月13日の午後0時半ころ、長野県松本市安曇の国道158号線で観光バスと反対車線を走っていた乗用車が正面衝突する事故が発生しました。

この事故で、乗客43人を含む21人が負傷し病院に搬送されましたが、乗用車運転手の1人が意識不明の重体となっているそうです。

今回の、松本市安曇国道158号線事故の現場はこちらです。

事故は、こちらの島々神社付近で発生したとのことです。

また、被害状況についてはこちらです。

松本市観光バス事故のバス会社は月川観光バス?


また、ネットでは、今回の松本市安曇国道158号線で起きた事故に関して、どこのバス会社が事故を起こしたのか?と話題になっていました。

ここでは、松本市安曇事故のバス会社についてまとめました。

まず、報道内容を確認してみたところ、ニュース映像に観光バスが写っていました。

そして、そのバスには「月川観光」と書かれていました。

松本市安曇事故バス会社

したがって、今回、事故があったのは月川観光が所有するバスであることが判明しました。

月川観光バスについて公式サイトで確認してみますと、本社営業所の住所は茨城県ひたちなか市幸町4-15と書かれていました。

また、共同通信の報道でも観光バスは茨城市ひたちなか市の会社が運行していたと報じられましたので、今回の事故の観光バスは月川観光バスで間違いなさそうです。

月川観光バスの紹介には次のように書かれていました。

ひたちなか市に本社があるバス事業者です。きれいなダークグリーンカラーの車体が目印です。小さいバスから大型バスまで豊富な種類のバスをご用意しておりますので、様々な用途に対応可能です!安全運転はもちろん、ドライバー教育なども実施しております。まずはお問い合わせください!

引用:貸切バスの達人

また、バスは最近導入されたエアロエースとのことでした。

長野県松本市安曇事故の運転手は誰?


また、今回の松本市安曇事故についてですが、ネットではこの月川観光バスを運転していた運転手について話題になっていました。

ここでは、松本市安曇国道158号線事故の観光バス運転手についてまとめました。

まず、報道内容を確認してみましたところ、観光バス運転手についての詳しい情報は全くありませんでした。

したがって、運転手が誰なのか?名前や顔画像も含め不明となっております。

唯一分かっていることは月川観光バスの運転手だったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です