京アニ火災の犯人の国籍は在日(韓国)と特定はヘイト?爆発死者は47人超えで動機や影響は?

京アニ火災犯人

7月18日午前10時半ころ、京都市の京都アニメーションのスタジオに41歳の男がガソリンをまき日をつけ爆発的な家事が起こりました。

この記事では、京都アニメーション火災事件の詳細や犯人の国籍について、在日や韓国という説や爆発の死者や被害者や火災の影響などについてまとめました。

京都アニメーションで火災 犯人の動機はパクリ?

京都市伏見区桃山町因幡の「京都アニメーション」で18日に起きた火事で、京都府警は、確認できている死傷者は計47人と明らかにした。一方、京都市消防局によると、1階と2階に合わせて十数人が心肺停止という。

府警によると、当時会社には約70人の社員がいたとみられる。死傷者の内訳は、1人が死亡、死亡しているとみられ、救急搬送しない被害者が10人確認された。36人が負傷して搬送された。このうち10人が重傷という。

ほかに、20人と連絡が取れておらず、府警は逃げ遅れたかすでに避難したとみて確認を急いでいる。

引用:産経新聞

7月18日、京都市伏見区桃山町因幡にある「京都アニメーション」で火災が起き多数の死傷者が出ています。

犯人は41歳男で、男は「死ね」と叫びながら京アニにガソリンのような液体をまき、火をつけたということです。

現在、この男の身柄は確保されていますが、犯人の男も火傷で負傷しているとのことで、事件解明や犯人情報の公開に遅れが生じています。

また、現場には複数の刃物が落ちているとのことでした。

非常に恐ろしい事件です。

一体、犯人は誰だったのか? 名前や顔画像などの公開は現在のところされていませんでした。

また、犯人の同期に関しては警察に対して「パクリやがって」と漏らしていたそうです。

パクリがあったのなら、これも大問題ですが、流石に放火はやりすぎですね。

京アニ爆発火災事件の犯人は在日?韓国?ヘイトか

今回の京都アニメーション爆発火災事件ですが、ネットではこの41歳の犯人の男は在日?韓国人?というヘイトが早くも出ているようです。

ここでは、犯人の国籍について、在日説や韓国人説についてまとめました。

今回の京アニ火災事件。

ネットで調べてみると早くも「京アニ 火災 在日」というキーワードが見られました。

京アニ火災犯人在日

Googleのキーワードは検索された回数が多いものが、このように出ますから、多くの人が犯人は在日ではないか?と思っているのですね。

しかし、前述のように京アニ火災の犯人は現在のところ特定はされているものの、顔画像や名前などは公開されていません。

そのため、犯人の国籍が韓国であるとか、在日であるというのは憶測にすぎず、ヘイトスピーチにもなりかねませんね。

twitter上でも一定数の方が犯人は在日と思っているようです。

しかし、これに対しては反論も多くあります。

根拠なきヘイトで苦しむ人がいますので、在日とか言っている人は止めるべきでしょう。

京アニ火事の死傷者は47人に!火災の影響はどうなる?


続いて、ネットでは今回の京アニ爆発火災事件に関して、死者や被害者の数に関してや、京アニが全焼したことで今後の影響などについて話題になっていました。

ここでは、京アニ火災事件の死傷者や火災の影響についてまとめました。

ニュースが更新されるたびに増える、京アニ火災事件の死傷者ですが、最新の情報によりますと産経新聞では死傷者は47人と発表されました。

非常に多くの被害者が出ています。

この47人のうち、心肺停止が12人、搬送された負傷者が36人となっています。

また、死亡者は1人と発表されました。

また、著名な方で言えば、石原立也監督、石立太一監督、武本康弘監督、河浪栄作監督の安否が不明となっています。

続いて京アニ火災による今後の影響についてですが、今回、火災で全焼したのはアニメ制作現場の第一スタジオとなっています。

制作現場ということもあって、今後のアニメ制作に影響が出ることは間違い無いでしょう。

さらに、京アニはスタッフや従業員の様々な手当をしなければなりません。

また、犯人の男は動機についてパクリを示唆しています。

ということはパクリがあったのかどうか?あったなら誰がパクったのか?犯人の男と京アニの関係など、新聞や週刊誌などの取材が絶えないでしょう。

京アニは来年公開予定の「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を製作中とのことです。

アニメ制作に影響が出ることは間違い無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です