栗原なぎさの裁判(公判)の判決は?家族写真や実家や両親は?LINEの内容や現在は入院?

栗原渚被告

千葉県野田市で起きた、当時、小学4年生の栗原心愛ちゃん(10)を

虐待した事件で起訴された母親の栗原なぎさ被告(32)ですが

6月26日に千葉県地方裁判所から判決が言い渡されます。

この記事では
栗原なぎさの裁判の判決について
栗原なぎさの顔画像プロフィール
家族や実家や両親について
LINEの内容について
入院について
などについてまとめました。

栗原心愛ちゃん虐待死事件の経緯


6月26日、栗原心愛ちゃん虐待事件に関して

母親の栗原なぎさ被告に裁判の判決が言い渡されます。

まずは栗原心愛ちゃん虐待死の経緯について振り返ってみましょう。

事件が発覚したのは2019年1月24日の夜でした。

父親である栗原勇一郎被告によって虐待を受けた栗原心愛が死亡しました。

この時、通報したのは殺した本人である父親の栗原勇一郎被告でした。

虐待内容は

  • 胸の骨を折る
  • 食事を与えない
  • 睡眠を与えない
  • 冷水シャワーを浴びせ続ける

というものでした。

この父親の虐待を放置したとして母親の栗原なぎさ被告は

暴行を止めなかったとして傷害ほう助罪の罪に問われました。

なぜ止めなかったのかと。

これに対して栗原なぎさ被告は夫の勇一郎被告から

激しいDVを受けており、逆らえずに栗原心愛ちゃんへの虐待を放置したとのことでした。

6月26日の栗原渚被告への裁判の判決


現在でもなお問題になっている栗原心愛ちゃん虐待死事件ですが

6月24日に千葉県地方裁判所から母親の栗原渚被告へ

裁判の判決が言い渡されます。

そこで、この事件の裁判での検察と栗原渚被告の弁護側の主張を確認しておきましょう。

まず、栗原渚被告の弁護側はやはり栗原渚被告が

夫の勇一郎被告からDVを受けていたことを主張しました。

「DVを受けていたので、夫に逆らって行動することが極めて困難だった」

と述べました。

栗原渚被告は夫の勇一郎被告について次のように述べています。

  • 当初は思っていなかったが、今、振り返るとDVだったのかなと思っている
  • 勇一郎被告の虐待を止めると、胸ぐらを捕まれ床に押し倒されて馬乗りになって膝掛けを口の中に突っ込まれた
  • 出て行ことしても行き先がバレたり、連れ戻されたりすると思ったから逃げなかった

栗原渚被告のこのような発言から弁護側は執行猶予付きの判決を求めました。

これに対して検察側は母親としての責任を問題視しました。

「夫に逆らえなかったことは否定できないが、母親として虐待を認識しながら放置したのは許されるべきではない」

自分の娘である以上責任は取るべきであるとして、懲役2年を求刑しました。

このように、弁護側、検察側のどちらの主張にも理があります。

しかし、やはり事件発覚当初に栗原渚被告が述べた

「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ自分は暴行されないですむと思った。」

という発言は非常に大きいと思います。

裁判所は母親・栗原渚被告の刑をどのようにするのか?

判決が発表され次第追記します。

栗原なぎさ被告の顔画像プロフィール

栗原渚被告(栗原なぎさ被告の顔画像)

  • 名前  :栗原なぎさ(くりはらなぎさ)
  • 生年月日:1987年
  • 年齢  :32歳
  • 自宅住所:千葉県野田市山崎1921-2
  • 出身地 :沖縄県糸満市
  • 家族  :栗原勇一郎(夫)、栗原心愛(みあ)、1歳の次女
  • 職業  :主婦
  • 逮捕容疑:傷害ほう助罪

以上が栗原なぎさ被告のプロフィールになります。

また、虐待死した栗原心愛ちゃんのプロフィールはこちらです。

栗原心愛(栗原心愛ちゃん顔画像)

  • 名前  :栗原心愛(くりはら みあ)
  • 年齢  :10歳
  • 自宅住所:千葉県野田市山崎1921-2
  • 小学校 :野田市立二ツ塚小学校
  • 学年  :4年生

次に、虐待死させた父親の栗原勇一郎被告のプロフィールについて。

栗原勇一郎(栗原勇一郎被告の顔画像)

  • 名前   :栗原勇一郎(くりはら ゆういちろう)
  • 年齢   :41歳
  • 自宅住所 :千葉県野田市山崎1921-2
  • 勤務先会社:沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所職員
  • 小学校  :千葉県野田市立二ツ塚小学校
  • 中学校  :千葉県野田市立野田中学校

以上が栗原なぎさ被告、栗原心愛ちゃん、栗原勇一郎被告の顔画像とプロフィールです。

栗原渚被告の家族・実家・両親


続いて、今回、裁判の判決が言い渡される栗原渚被告の

家族・実家・両親についてネットでは話題になっていましたので

ここでまとめました。

まず、栗原渚被告の家族についてですが

こちらは

・栗原渚(母)

・栗原勇一郎(父)

・栗原心愛(長女)

・次女

となります。

栗原渚被告は2009年9月に栗原勇一郎被告の家族が沖縄県糸満市に来て結婚し

2011年10月に栗原勇一郎被告と離婚しました。

さらに2017年2月に再婚して次女が生まれていました。

また、栗原渚被告の実家は沖縄県糸満市とのことでした。

高校まで過ごし、就職のために実家を出て20歳の時に栗原勇一郎被告と共に

実家に戻ったそうです。

栗原渚被告の両親については現在のところも明らかになっていませんでした。

栗原なぎさ被告は入院していた?


今回、栗原心愛ちゃんを虐待死させたとして

傷害ほう助罪に問われている栗原渚被告ですが

新たな情報では栗原渚被告は入院していたことが判明しました。

どうやら、栗原渚被告は2017年6月に次女を出産してからは

体調が優れずに入院していたそうです。

詳しい入院先の病院などは不明でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です