21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅近くの県道で、神戸市営バスが横断歩道を渡っていた複数の歩行者をはねた。

兵庫県警葺合署によると、20歳ぐらいの男性と20代の女性が死亡し、40代の女性が両脚骨折の重傷。他に男女5人がけがをした。

同署は自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑でバスの運転手、大野二巳雄容疑者(64)=同市長田区房王寺町=を現行犯逮捕した。同容疑者は「バスが急発進して人をはねた」と話しており、同署が事故原因などを調べている。

同署によると、バスは乗客を降ろした後、横断歩道手前の停止線を越えてそのまま進行。横断中の人をはねた後、中央分離帯にぶつかって止まった。乗客はいなかった。大野容疑者は「ブレーキは踏んでいたが急発進した」と話しているという。

現場はJRや阪急、阪神電鉄の駅が近接し、多くの店舗が集まる繁華街。当時は休日の買い物客らが大勢いた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16349898/より