吉成夏子氏(AKS社長)とは?顔画像は?窪田やパチンコ享楽との関係は?経歴・プロフィールや逮捕は?(山口真帆を加害者呼ばわり)

吉成夏子

今回の一連のNGT48の山口真帆さんの事件で

AKS社長の吉成奈津子社長が山口真帆さんを加害者呼ばわりしました。

この記事では

AKS社長の吉成夏子社長とは?

AKS社長の吉成夏子社長の顔は?

AKS社長の吉成夏子の窪田やパチンコ享楽との関係は?

AKS社長の吉成夏子のプロフィール・経歴は?

AKS社長の吉成夏子の逮捕の噂は?

といったネットの疑問についてまとめました。

AKS社長の吉成夏子が山口真帆を加害者呼ばわり

今回のNGT48山口真帆の騒動で

山口真帆が卒業することが決まりました。

そして、山口真帆は最終公演で運営会社のAKSの社長吉成夏子社長から

加害者呼ばわりされたことを明かしました。

そのAKS社長の吉成夏子の山口真帆加害者呼ばわりの概要がこちらです。

昨年12月、自宅を訪れたファン2人から暴行を受けていた事件が発覚して騒動となっていたNGT48の山口真帆(23)が21日、新潟・NGT48劇場で副キャプテンをつとめるチームGの最終公演に出演。「卒業するしかない」とグループからの卒業を発表した。

 山口が同劇場の公演に出演するのは今年1月10日の公演以来。山口は20日深夜に有料会員向けのメールで、「明日が来てほしくないな」と告白していたため、この日の発言が注目されていた。

 山口は冒頭からほかのメンバーとともにステージに登場。1月の公演よりややほっそりした印象だったが、笑顔でパフォーマンスをこなし、これまでの思い出を語るなど和やかなムードで公演は進行した。

 しかし、アンコールを終え、山口の親友である長谷川玲奈(18)と菅原りこ(18)が相次いで涙ながらに卒業を発表すると、山口も自ら書いてきた手紙を読み始めた。山口は「私はこのグループが大好きでした。だからこそ、仲間たちに同じ思いをしてほしくないのでとった行動でした」と事件公表に踏み切った理由を涙ながらに明かした。

 そのことで運営会社・AKSの吉成夏子社長から「今は会社を攻撃する加害者」と言われたことを暴露。グループを変えようと最善を尽くしたが、「もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。今の私にできることは、NGTからの卒業しかありません」と卒業を決意した心境を明かした。

 「正しいことをしている人が報われない、損をしてしまう世の中ではあってはいけないと思います」と悲痛な思いを打ち明けた山口。長谷川、菅原とともに5月18日に同劇場で卒業公演を行う。

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019042202000199.htmlより

これから、山口真帆はAKS社長である吉成夏子に

「今は会社を攻撃する加害者」

と言われたことがわかります。

これは会社側の意見・心情をあらわしたものだと思われます。

会社側にとっては、もう卒業が決まっている山口真帆が

様々なことを言って世間を騒然とさせ、会社の株を下げることが

迷惑だと考えているため今回、AKS社長の吉成夏子は

「今は会社を攻撃する加害者」

といっているのだと思われます。

AKS社長 吉成夏子とは?(顔・経歴・プロフィール・窪田との関わり)

今回のNGT48の山口真帆の騒動を受けて

ネットではAKS社長の吉成夏子の顔画像や経歴・プロフィールについて話題になっていました。

ここでは、吉成夏子の顔画像や経歴・プロフィールについてご紹介します。

AKS社長 吉成夏子の顔画像

まず、こちらが吉成夏子の顔画像です。

吉成夏子

美人と言われていました。

AKS社長 吉成夏子の経歴・プロフィール・窪田との関わり

次に吉成夏子の経歴・プロフィールのついてですが

まず、先ほどのAKS社長の吉成夏子の顔画像は

中国の上海で行われた「ChinaJoy」というゲームショーの時の写真です。

これから、AKS社長にとどまらず様々なビジネスに関係していることが分かります。

また、AKSという会社についてですが

創業当時の社長は窪田康志でした。

AKSとは

秋元康のA

窪田康志のK

芝幸太郎のS

をとってできた会社でした。

2014年の6月に窪田康志社長が退任した際に、今のAKS社長である吉成夏子が社長になりました。

以上がAKS社長である吉成夏子の経歴です。

AKS社長 吉成夏子とパチンコとの関係は?逮捕?

今回のNGT48の山口真帆をAKS社長である吉成夏子が

加害者呼ばわりした騒動にさいして

ネットではAKS社長である吉成夏子社長とパチンコとの関わりや逮捕について

話題になっていました。

ここでは、AKS社長の吉成夏子社長とパチンコや逮捕についてご紹介します。

AKS社長 吉成夏子社長とパチンコとの関係

まず、AKS社長の吉成夏子とパチンコとの関係ですが

AKS社長の窪田康志が退任した2014年6月に

株式会社AKSはパチンコ機器メーカーの「京楽産業.株式会社

から出資を受けたそうです。

また、吉成夏子社長はパチンコ享楽の出身との情報もありました。

AKS社長 吉成夏子社長が逮捕?ドン・キホーテとパチンコ享楽の係争

次に、AKS社長吉成夏子社長と逮捕の噂ですが

調べてみたところ

AKSとパチンコ享楽はドン・キホーテと係争する不祥事があったそうです。

その係争の概略がこちらです。

パチンコ台販売差し止めを巡る「ドン・キホーテ」との係争

  • 2014年1月31日付で、AKB48劇場が入居しているドン・キホーテがAKSと京楽産業.を相手取り、パチンコ台「CRぱちんこAKB48」の販売差し止めや50億円の賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。
訴状などによると、ドン・キホーテは2009年、AKSと業務提携を結んだ際、公式グッズを独占的に販売する権利を得ることを条件に、AKS側へ資金を貸し付けた。AKSの株主でもある京楽産業.は2012年8月、パチンコ台「CRぱちんこAKB48」の販売を開始。AKSは販売を承諾したとしている。 ドン・キホーテは、AKB48の公式グッズの独占販売権を持っていると主張。メンバーの声やライブ映像が流れるパチンコ台は公式グッズにあたり、権利の侵害だと訴えている。
ドン・キホーテが東京・秋葉原で運営する店舗8階を2005年以来、AKB48劇場として貸しており、 今回の裁判でも訴状で「知名度が低い時代から物心両面で支援してきた。その成果もあり、現在のような国民的アイドルグループに成長した」と強調している。3月20日の第1回口頭弁論で、両社は争う姿勢を示した[9]
その後、2015年11月30日付で、ドン・キホーテとの和解が成立し訴訟が終了したことが、京楽産業.のオフィシャルサイトにおいて明らかにされている

https://48pedia.org/AKSより

このように、AKSの吉成夏子とパチンコ享楽は不祥事があり

これが逮捕の噂につながったと思われます。

吉成夏子氏(AKS社長)とは?顔画像は?窪田やパチンコ享楽との関係は?経歴・プロフィールや逮捕は?(山口真帆を加害者呼ばわり)まとめ

AKS社長の吉成夏子社長とは?

AKS社長の吉成夏子社長の顔は?

AKS社長の吉成夏子の窪田やパチンコ享楽との関係は?

AKS社長の吉成夏子のプロフィール・経歴は?

AKS社長の吉成夏子の逮捕の噂は?

といったネットの疑問についてまとめました。

最後にネットの声をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です