京阪六地蔵駅人身事故の中学生は誰で学校はどこ?身元や顔画像名前や動機は自殺?事故?

京阪六地蔵駅人身事故

5月20日、京阪宇治線の京阪六地蔵駅で人身事故が発生しました。そして、この事故で重傷を負ったのは中学1年生の生徒(12)ということが判明しました。

この記事では京阪六地蔵駅の人身事故の概要や重傷を負った中学生の身元や学校などネットの疑問についてまとめました。

京阪六地蔵駅中書島行きで人身事故 中学生が重傷 事故現場は?

20日午前7時55分ごろ、京都市伏見区の京阪六地蔵駅で、中学1年の男子生徒(12)が中書島行き普通電車にはねられ、重傷を負った。乗客約350人にけがはなかった。

京都府警伏見署などによると、中学生は、電車が駅ホームに停車する直前、線路に飛び込んだという。

電車は約1時間後に運転を再開した。京阪宇治線の上下線計10本が運休、2本が最大55分遅れ、約5千人に影響した。
https://this.kiji.is/503040246952019041?c=39546741839462401より

今回の報道によりますと、5月20日の午前7時55分ころ、京都市伏見区の京阪六地蔵駅で人身事故があり運転見合わせを行なっていましたが、人身事故により重傷を負ったのは中学1年生の生徒ということでした。

電車がホームに停車する前に線路に飛び込んだということでしたが、一体何があったのでしょうか?

こちらが今回の人身事故現場の京阪六地蔵駅です。

一体中学生は何故線路に入ったのでしょうか?

京阪六地蔵駅人身事故中学生の動機は自殺?事故?


今回の京阪六地蔵駅人身事故ですが、ネットでは線路に飛び込んだ中学生の動機について

自殺なのか?事故なのか?

と話題になっていました。

ここでは、京阪六地蔵駅人身事故の中学生の動機についてまとめました。

まず、報道内容ですが、報道によりますと中学生は電車がホームに停車する前に線路に飛び込んだということでした。

これだけ見ると、飛び込んだと表現していることから自殺なのか?

と思いますよね。

しかし、ホームに停車する前とは一体どれくらい前なのか?

と疑問に思います。

もし、ふざけて入っただけなら自殺ではなく事故。

しかし、仮に線路にふざけて入っていたなら誰かが注意するでしょうし、友達が泣いていたということから

中学生が一人でなかったことは確かです。

また、線路に立ち入ったとは表現しておらず飛び込んだと表現していることから

警察や報道機関は自殺と見て調査しているのかもしれません。

京阪六地蔵駅人身事故の中学生の身元(学校・顔画像・名前)は?


今回の京阪六地蔵駅人身事故で重傷を負った中学生ですが

ネットではこの中学生の身元や学校などについて話題になっていました。

ここでは、中学生の顔画像や名前、学校などについて現在わかっていることについてまとめました。

中学生の顔画像・名前

まず、中学生の顔画像や名前についてですが

こちらは調査してみたところ、どの報道機関やメディアも公開しておらず

最新の情報で公開していたのは中学生で12歳ということでした。

現在は調査中とのことなので、今後、より詳しいことが判明するかもしれません。

中学生の学校

次に、京阪六地蔵駅人身事故中学生の学校についてですが

こちらも現在のところ報道機関やメディアでは公開していませんでした。

しかし、中学生ということから今回事件があった京阪六地蔵駅の住所である京都府伏見区の中学校に通っているのではないかとの意見がありました。

こちらが京都府伏見区の中学校一覧です。

生徒は重傷ということですが、一刻も早い回復を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です