笠原祥太郎選手の不整脈の原因はなぜ?病気・持病は何?登録抹消復帰はいつ?

27日に行われた中日対阪神戦が名古屋ドームで行われましたが

登板予定の投手の笠原祥太郎選手(24)が大量不良で交代しました。

理由は不整脈ということでした。

この記事では、笠原祥太郎選手の不整脈の原因や、持病などの病気についてまとめました。

笠原祥太郎選手が不整脈で交代 登録抹消後の復帰は?

今回、体調不良で交代した笠原祥太郎選手ですが

与田監督によると原因は不整脈ということでした。

以下が報道の概要です。

中日は27日、笠原祥太郎投手(24)が体調不良のため、この日予定されていた阪神戦(ナゴヤD)の先発登板を回避すると発表した。代わって佐藤優投手(25)が先発する。

笠原は3年目の今季、自身初となる開幕投手の大役を任され、ここまで2勝(0敗)。前回19日のヤクルト戦(ナゴヤD)では6回途中まで2失点と好投した。

3連敗中のチームにとって、12連戦の初戦を任せた左腕の離脱は痛手。与田監督は「不整脈のような症状が出た。心配なので、精密検査をしたほうがいい」と話した。指揮官によると、前から時々、そういう症状があったという。このまま、出場選手登録を抹消される可能性が高い。

http://news.livedoor.com/article/detail/16381516/より

国立循環器病センターのHP「循環器病情報サービス」の

「怖い不整脈と怖くない不整脈」

(http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph06.html#anchor-4)

によれば、不整脈の症状として以下のものが挙げられました。

まず、脈が極端に遅くなり、数秒以上、脈がとぎれるようになると、ふうっとなったり、めまいがしたり、ひどい場合は意識がなくなって倒れたりします。また、脈の遅い状態が続くと、体を動かす時に息切れするようになります。

反対に、脈が速くなるとドキドキと動悸がし、さらに脈が速くなると心臓が十分な血液を送り出せなくなって、吐き気や冷や汗、意識が遠くなる症状が出てきます。

期外収縮は症状のない場合が多いのですが、症状の出る場合は、脈の飛ぶ感じや、胸部の不快感、きゅっとする胸の痛みとして感じます。ただし、この時の痛みは胸の狭い範囲で起こり、しかも一瞬または数十秒以内でおさまるのが特徴です。

胸痛があると、狭心症や心筋梗塞ではないかと心配になりますが、それらの痛みはもっと長く続きます。期外収縮による胸痛は、脈をとれば飛んでいることから判断できます

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph06.html#anchor-4より

脈や早まったり遅くなったりするだけでしんどいですが

息切れやめまいがするというのは、スポーツ選手にとっては耐えれません。

今回の不整脈を受けて、与田監督は「精密検査を受けた方がいい」

と言いました。

笠原祥太郎選手は登録抹消してしまいましたが

復帰は、おそらく精密検査後の症状や病気の具合によりますが

1〜2ヶ月は考えておいた方がいいかもしれません。

笠原祥太郎選手の不整脈の原因は?病気は?

今回、不整脈で交代した笠原祥太郎選手ですが

ネットでは笠原祥太郎選手の不整脈の原因や病気の有無について話題になっていました。

ここでは、笠原祥太郎選手の不整脈の原因や病気についてご紹介します。

まず、不整脈の原因ですが

「日本心臓財団」のHPには不整脈の原因として次のようなものが挙げられていました。

不整脈の原因 不整脈の原因には、まず遺伝や体質によるものがあります。 … 狭心症や心筋梗塞、心筋症、心臓弁膜症、心不全といった心臓の病気や、高血圧、甲状腺異常、肺疾患といった病気が不整脈と関連があるとされています。 また、薬の副作用として不整脈が起こることも知られています。

https://www.jhf.or.jp/より

また、スポーツ選手特有の「運動誘発性不整脈」というものがあるそうです。

これは最近の研究では次のように書かれています。

運動時および運動直後の突然死例がしばしば報告され,社会的に大きな問題となっている1,2).一般に激しいトレーニングを行っている競技者(アスリート)は,胸部X線上で非競技者に比し心陰影が大きく,心電図上でもさまざまな心電図異常が認められる.トレーニングによる圧負荷および量負荷等により心臓は拡張ないし肥大し,心拍は徐脈になり,いわゆるスポーツ心と呼ばれる状態がアスリートではしばしばみられる.
このようなスポーツ心の成因には,運動による血中力テコールアミンの増加をはじめとした体液性要因が考えられている3).さらに,組織酸素需要が高まる

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/db/seeds/pages/76566/jp.phpより

つまり、運動選手特有の不整脈ということですね。

運動による心臓や脈の変化が原因です。

また、笠原祥太郎選手の病気としては不整脈の代表として

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 心筋症
  • 催不整脈性右室心筋症(右室異形成症)
  • サルコイドーシス
  • 先天性心疾患
  • 弁膜症
  • 心筋炎
  • QT延長症候群
  • 特発性心室細動
  • たこつぼ心筋障害
  • 心臓震盪

が挙げられます。

笠原祥太郎選手の不整脈の病気がどの病気かは

現在検査中でわかりませんが、無事を祈って回復を待ちましょう。

笠原祥太郎選手の不整脈の原因はなぜ?病気・持病は何?登録抹消復帰はいつ?まとめ

この記事では、

笠原祥太郎選手の不整脈の原因や

持病などの病気についてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です