岐阜県海津明誠高校で集団いじめ動画炎上!加害者(主犯格)の実名特定?顔画像やSNSは?

ツイッターで1人の男子高生のズボンを複数で無理やり脱がす集団いじめ動画が拡散し、炎上しています。

この記事では
いじめ現場と思われる
岐阜県立海津明誠高等学校の偏差値や過去の事件
加害者・主犯格の実名、顔画像、SNS
wikipedia炎上
などについてまとめています。

岐阜県海津明誠高校で集団いじめ動画炎上!

岐阜県海津明誠高校でいじめ動画拡散は本人の希望?

この集団いじめ動画拡散について
被害者がこの動画が広がると傷つくのでは?

との声も上がっていました。

この動画を拡散した
ツイッターアカウント「はるくん」さんによると

いじめの被害者本人が拡散を希望していたとのことです。

動画拡散の経緯を説明すると

・いじめ被害者が友人に「俺いじめられているんだよね」と友人にいじめ動画を送る

・いじめ被害者の友人が「#拡散希望#岐阜県海津高校#いじめ」というハッシュタグをつけていじめ動画を投稿

・「はるくん」さんが被害者の局部にモザイクをかけていじめ動画拡散

という流れだったようです。

岐阜県立海津明誠高校いじめの加害者・主犯格について

続いて、岐阜県海津明誠高校の集団いじめ動画の
撮影者、加害者、主犯格について見ていきたいと思います。

海津明誠高校いじめの加害者・主犯格の実名は夢波雫、白木陵介、大橋高谷?

ツイッターでは、集団いじめ動画の
撮影者、加害者、主犯格が特定されていました。

加害者特定のツイートによれば

撮影者の実名は夢波雫(女子)

加害者で主犯格の2人の名前は白木陵介、大橋高谷

とのこと。

しかし、これらはデマとの声も多数上がっているため
信ぴょう性のある情報ではありません。

海津明誠高校いじめの加害者・主犯格のツイッター・インスタなどSNSは?

海津明誠高校いじめ加害者のSNS

海津明誠高校いじめの加害者・主犯格のツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSについて。

いじめ加害者については
実名がわかっていない以上

SNSも明らかではありません。

上の画像のように
いじめ加害者と思われるSNS画像も見つかりましたが

いじめ加害者であるかどうかは定かではありません。

海津明誠高校いじめの加害者・主犯格の顔画像特定?

海津明誠高校いじめの
加害者・主犯格の顔画像については
動画内で明らかになっています。

岐阜県海津明誠高校いじめ加害者の顔画像

海津明誠高校いじめ加害者の顔画像

いじめの主犯格2人の顔画像です。

現在のところ、加害者についてわかっているのはこの顔画像だけです。

加害者について、詳しくご存知の方は情報提供をお願いします

このいじめは、男子だけでなく、女子の前でさらし者にしているという点で陰湿さを極めています。

絶対に許されない行為です。

この動画で傷つき、学校に行きづらくなっているであろういじめ加害者。

加害者の名を世間に知らしめ、加害者が世間で生きづらくなるようにしてやりましょう。

岐阜県海津明誠高校の偏差値や住所は?

岐阜県海津明誠高校の偏差値や住所について。

岐阜県海津明誠高校の偏差値は
42-44とされています。

住所。電話番号は

〒503-0653 岐阜県海津市海津町高須町11-1

TEL. 0584-53-1155

FAX. 0584-53-3144

場所を地図で確認してみると

ここが岐阜県立海津明誠高校となっています。

岐阜県立海津明誠高校のwiki・口コミ大荒れ!

岐阜県立海津明誠高校のいじめ動画拡散で
岐阜県立海津明誠高校のWikipediaが大荒れしました。

また、岐阜県立海津明誠高校に対する口コミも
100以上の低評価で埋め尽くされていました。

いじめは絶対に許されない行為です。

岐阜県立海津明誠高校の過去の事件

続いて、岐阜県立海津明誠高校の過去の事件について見ていきたいと思います。

海津明誠高校の教師の強要未遂事件

岐阜県立海津明誠高校では
過去に教師による強要未遂事件が発生しました。

報は2018年3月に報道された事件で、内容は
海津明誠高校教師・吉田隆仁容疑者(当時28歳)が

交際相手の20代女性に対し

「本当に●して」

などとスマホでメッセージを送り
自分を殺害するよう強要したという内容です。

女性が

「●すことはできない」

と返信したところ
吉田隆仁容疑者は

「それなら警察へ行く、どうする?選べ」

などと何度もメッセージを送ったといいます。

海津明誠高校の教師の答案改ざん問題

続いての事件は、海津明誠高校の教師が生徒の答案を改ざんし、点数をあげていたという事件です。

2019年3月に報道されました。

3月1日、岐阜県教育委員会が
岐阜県立海津明誠高校の30代の男性教員が

複数の1年生の答案を改ざんし
点数を上げていたことを明らかにしました。

調査に対し、教員は不正行為を認め

「頑張っている生徒の点数を上げたかった。自分の指導力のなさを表面化させたくなかった」

と話していたといいます。

男性は英語の教員で、1年生の3クラス(111人)を担当してました。

答案改ざんを行なったのは
同年2月の学年末テストで

生徒の答案を無断で持ち帰り
1年生12人の答案を改ざんし、1~24点分を上げていました。

改ざんした12人の中には
自身が顧問を務める運動部の部員が2人

30点に満たない「赤点」の生徒が6人
なぢがいたといいます。

別の教員が改ざんに気づき、管理職に報告したといいます。

海津明誠高校いじめ ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です