ジャニー喜多川社長が死去で死因は?マスコミが報じられない理由は?

ジャニー喜多川死去

6月18日に救急搬送されたジャニー喜多川社長が死去したと一部メディアが報じています。

この記事では
ジャニー喜多川死去
死因
マスコミが報じない理由
ネットの反応
などについてまとめています。

ジャニー喜多川社長が死去の情報

6月18日に救急搬送されたジャニー喜多川社長が

死去したとの情報が流れています。

ジャニーズ事務所の代表取締役社長であり、芸能プロモーターでもあるジャニー喜多川社長(87歳)が亡くなったことがわかった。ジャニー喜多川社長は以前から体調が芳しくなく、健康状態が心配されていた。

・ジャニーズタレントが病院に集結
2019年6月18日(木曜日)正午過ぎ、ジャニー喜多川社長が体調を著しく崩し、都内の病院へ緊急搬送された。その直後からジャニーズ事務所所属のタレントが次々と病院を訪れ、まさにジャニーズタレントが集結したともいえる状況となった。

http://buzz-plus.com/article/2019/06/22/johnny-kitagawa-eternally-news/より

多くの人に慕われるジャニー喜多川の死去。

芸能界に激震が走ります。

ジャニー喜多川の死因は?

ジャニー喜多川が死去との情報が一部で報じられていますが

死因については報じられていません。

ジャニー喜多川の死去情報は

事務所や大手メディアなどで公式に発表されているものではありませんので

真偽は不明です。

ジャニーさん死去をマスコミが報じない理由は?

死去した可能性が高いと言われているジャニー喜多川社長。

マスコミはなぜ、ジャニー喜多川の訃報を報じないのでしょうか?

その理由については、以下のように報じられていました。

・報じないマスコミに「忖度しているのでは」
テレビや雑誌、インターネットニュースメディアなどがジャニー喜多川氏の死去を報じないことに対して「忖度しているのでは」「箝口令が出ているのでは」との噂が出ているが、芸能記者のひとりは以下のように話す。

・芸能記者のコメント
「亡くなったことを報じないマスコミに対して「忖度している」とか「箝口令が出ている」とか言われていますが、それだけでなく基本的な理由があって報じられていません。ジャニーズ事務所や親族がジャニー喜多川氏の死去を発表しない限り、大手メディアは訃報として報じられないのです。たとえマスコミ関係者が亡くなった事実を知っていたとしても報じられないのです」

・これからも多くの夢をファンに与えていく
光GENJI や SMAP だけでなく 嵐 や TOKIO などを含む複数の人気アイドルグループを生み出してきたジャニー喜多川社長。亡くなったことは非常に残念でならないし、誤報であってほしいと願いたいが、彼が築いてきたジャニーズ事務所はこれからも多くの夢をファンに与えていくだろう。

近日、ジャニー喜多川氏の死去に関する情報をジャニーズ事務所が発表をする予定だと言われている。

http://buzz-plus.com/article/2019/06/22/johnny-kitagawa-eternally-news/より

マスコミがジャニー喜多川の死去を知っていたとしても、ジャニーズ事務所や親族が死去を発表しない限り、メディアは訃報として報じることができないとのこと。

隠蔽などの黒い事情があるのではなく

基本的なことのようです。

一方で、この訃報報道自体がデマとの噂も。

現段階では、大手メディアはジャニー喜多川の死去を報じていません。

信頼できる大手メディアの報道を待ちましょう。

ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です