飯塚幸三が入院した病院は新宿区の慶應義塾大学病院のVIP個室?怪我は仮病?

池袋で乗用車の暴走事故を起こした飯塚幸三元院長が退院しました。

この記事では

飯塚幸三が入院した新宿区の病院はどこか
東京女子医科大学病院
慶應義塾大学病院
国立国際医療研究センターなのか
入院先と言われる病院がVIP個室でまるでホテル
怪我は仮病で獄中死は回避

などについてまとめています。

飯塚幸三が入院した新宿区の病院はどこ?

飯塚幸三元院長が退院したことを受け
飯塚幸三が入院していた病院がどこであるか話題になっています。

飯塚幸三の入院先の病院は東京都新宿区にあると報道されています。

飯塚幸三元院長のような
上級国民は

マスコミなどを人目を避け
プライバシーを十分に保護できる病院の
VIP個室を選ぶと考えられます。

東京都新宿区にある病院で
VIP個室がある超高額豪華な病院は

・東京女子医科大学病院
・慶應義塾大学病院
・国立国際医療研究センター

があげられます。

飯塚幸三の入院病院は慶應義塾大学病院?HP削除で確定?

飯塚幸三の入院先の病院の候補として

・東京女子医科大学病院
・慶應義塾大学病院
・国立国際医療研究センター

があげられましたが
この中で

「慶應義塾大学病院」

が入院していた病院として有力だと
ネット上ではいわれています。

これは予測に過ぎないと思われていましたが

慶應義塾大学病院HPの病院案内が削除されていたことから

飯塚幸三の入院先は慶應義塾大学病院というのが
ますます有力になっています。

飯塚幸三の入院先がまるでVIP個室のホテルで豪華すぎる?

飯塚幸三はVIP個室を利用していたと考えられ
慶應義塾大学病院のVIP個室がまるでホテルのようで豪華すぎると話題になりました。

慶應義塾大学病院の病室案内がこちら↓

http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/nyuin/byoushitsu/book/#target/page_no=1

超豪華ですね。

VIP個室にもなると
1泊10万円以上になります。

飯塚幸三元院長の怪我は仮病?獄中死は回避

飯塚幸三元院長について
怪我での入院は仮病だったのではないかと噂されています。

その理由として

・最初の報道で「軽傷」とされていたのに後で「胸の骨を折る重症」に変えられていた
・病院というよりホテルのようなところで入院している

というのが挙げられています。

真相はわかりませんが
元官僚や政治家など

上級国民になれば
医師が診断書を書き換えることもあるとのこと。

飯塚幸三元院長の怪我が仮病である可能性は否定できませんが

現段階では飯塚幸三の怪我が仮病であるとは断定できません。

ちなみに
ネット上では飯塚幸三の獄中死の噂が流されていましたが

獄中死は免れたようです。

飯塚幸三容疑者の入院・病院・病状まとめ

最後に、飯塚幸三の入院した病院や
怪我の仮病に関する

ツイッターの反応をまとめて公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です