イメージフィールド株の民事再生の原因や評判は?社長の阿久根裕行とは?「響」や「逃げ恥」の制作会社!

イメージフィールド民事再生

「響」や「逃げ恥」などの人気ドラマなどを手掛けたことで知られるイメージフィールド株式会社ですが、5月15日に民事再生法を申請したことが分かりました。

この記事では、イメージフィールドが民事再生法を申請するに至った原因やイメージフィールドの評判や社長の阿久根裕行さんについてまとめました。

イメージフィールド(株)が民事再生法申請 原因は?

イメージフィールド(株)(TSR企業コード:298639009、法人番号:1011101044578、新宿区新宿1-2-9、設立2002(平成14)年5月、資本金1000万円、阿久根裕行社長)は5月15日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は犬塚暁比古弁護士(高井総合法律事務所、港区西新橋1-15-5、電話03-3519-7800)。
負債は推定10億円。

テレビドラマ「三匹のおっさん」「逃げるは恥だが役に立つ」や「マジすか学園」「チアダン」などの人気ドラマの制作実績がある映像制作会社。
2019年3月期売上高は25億1200万円をあげていたが、多数の制作を手掛ける中で、一部の大型制作案件や海外案件で想定以上のコストが重なったことなどで資金繰りが急激に悪化し、今回の措置となった。
なお、JASDAQ上場の(株)KeyHolder(TSR企業コード:290210755、法人番号:1010001110481、東京都港区)の連結子会社フーリンラージ(株)(TSR企業コード:297549294、法人番号:5011003002837、渋谷区)がスポンサー支援に関する基本合意書を締結。「2億円を当面の運転資金とし、フーリンラージによるDIPファイナンス(つなぎ融資)の実行により、イメージフィールドの事業再生支援を行う」(KeyHolder)としている。
http://news.livedoor.com/article/detail/16464093/より

今回、民事再生法を申請したイメージフィールド株式会社ですが、「逃げるは恥だが役に立つ」や「チアダン」などの大ヒット作品を製作してきたことで知られています。

今回、そのイメージフィールドが民事再生法を申請したのはどうやら負債が原因だったようです。

10億円もあるなんてびっくりですよね。

その中でも、海外での案件や大型製作案件などで資産が重なったということでした。

しかし、破産ではなく民事再生法なので、会社の存続を前提としているのは間違い無いと思うので

今後また、イメージフィールドの作品が見れることを楽しみにしておきましょう。

イメージフィールド(株)の評判は?


次に、イメージフィールドの評判についてですが

こちらは「カイシャの評判」や「転職会議」などで見られた評判を以下にまとめました。

  • 挑戦的な社風
  • 人の成長を促す
  • 産業界の成長に貢献していく企業姿勢
  • 自由に働く時間を決めれる
  • 女性の活躍も多く、育休も取りやすい
  • 部署によっては雰囲気の良い職場であると思われます
  • 窓もない空間で分煙されていない部署が有ります
  • 清掃は社員自らやらないといけないので行き届いていない所が多いです

概ね良い評価が見られました!

イメージフィールド(株)の社長 阿久根裕行とは?経歴は?

そんなイメージフィールド株式会社ですが、ここで、社長の阿久根裕行さんについてまとめてみました。

以下に阿久根裕行さんの経歴をまとめました。

  • 響-HIBIKI- (2018) ラインプロデューサー
  • センセイ君主 (2018) ラインプロデューサー
  • となりの怪物くん (2018) ラインプロデューサー
  • HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION (2017) 制作プロデューサー
  • HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY (2017) 制作プロデューサー
  • 君の膵臓をたべたい (2017) ラインプロデューサー
  • HiGH&LOW THE RED RAIN (2016) ラインプロデューサー
  • orange-オレンジ- (2015) ラインプロデューサー
  • ライフ・イズ・デッド (2012) 製作
  • JAZZ爺MEN (2011) エグゼクティブプロデューサー
  • 死にゆく妻との旅路 (2010) 製作/エグゼクティブプロデューサー
  • 白夜行 (2010) エグゼクティブプロデューサー

あの「響」や「君の膵臓をたべたい」などの大ヒット作品も阿久根裕行さんが手掛けていたのですね。

民事再生法を行なって、再び素晴らしい作品を世に出して欲しいですね。

世間の声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です