本間希樹の家族(妻・子供)や学歴は!?出身や本・経歴・プロフィールについてもご紹介!

本間希樹

世界初のブラックホールの撮影に成功したとして「ノーベル賞級の偉業」を達成した本間希樹教授。

この記事では

本間希樹教授の家族(妻・子供)

本間希樹教授の出身

本間希樹教授の本

本間希樹教授の経歴

についてまとめました。

本間希樹教授が世界初ブラックホール撮影成功

世界初となるブラックホールの撮影に成功した本間希樹教授。

ブラックホールはみかけ以上に小さく、また地球から遠いということもあって非常に撮影困難だったといいます。

その撮影を、人間の視力で300万に相当する電波望遠鏡を使用し撮影に成功した国際チームの代表を務める本間希樹教授。

そんな偉業を達成した本間希樹教授はどのような人物だったのでしょうか?

本間希樹教授の学歴・経歴・プロフィール

世界初となるブラックホールの撮影を成功させた本間希樹教授。

ネットでは、そんな本間希樹教授の経歴について話題となっていました。

ここでは、本間希樹教授の経歴についてご紹介します。

本間希樹教授のプロフィール

まず、こちらが簡単な本間希樹教授のプロフィールです。

名前:本間希樹

所属:国立天文台水沢VLBI観測所(教授)

年齢:47歳

出生地:アメリカテキサス州

研究分野:銀河系天文学

学位:博士(理学) 東京大学理学系研究科

本間希樹教授の学歴・経歴

次に、本間希樹教授の学歴についてご紹介します。

本間教授は国立天文台に所属しています。

そして、国立天文台にはHPがあるのですが、そこに本間希樹教授の経歴について載っていました。

まずは、学歴について

1999年3月 博士課程修了、理学博士
1996年4月 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程進学
1994年4月 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻修士課程入学
1992年4月 東京大学理学部天文学科進学
1990年4月 東京大学理科1類入学
1987年4月 私立栄光学園高校入学
1984年4月 私立栄光学園中学校入学
1971年9月 アメリカ合衆国テキサス州生まれ

https://www.miz.nao.ac.jp/staffs/MarekiHonma/rireki.htmより

本間希樹教授は東大の理科Ⅰ類に進んだようですね。

次に職歴についてご紹介します。

国立天文台のHPには次のように掲載されていました。

2015年4月~ 国立天文台 水沢VLBI観測所所長(現職、併任)
2015年3月~ 国立天文台 教授(現職)、総合研究大学院大学 教授(併任)
2009年10月~11月 ドイツ マックスプランク電波天文研究所 客員研究員
2007年8月~15年2月 国立天文台 准教授
2007年4月~07年8月 国立天文台 助教(職名変更)
2000年9月~07年4月 国立天文台 助手
1999年4月~2000年8月 国立天文台 COE研究員
1996年4月~99年3月 学術振興会 特別研究員

https://www.miz.nao.ac.jp/staffs/MarekiHonma/rireki.htmより

本間希樹教授の学生時代を知る放送大学谷口義明教授は本間希樹教授の大学院生時代について次にように語っています。

「大学院では、電波による銀河の研究で、非常に優れた論文を出していた。若いときからバリバリ活躍するのは、実は東大や京大でも多くない。本間先生は最初から切れ味抜群で、『いい天文学者になる』と注目していた」

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190414/soc1904140002-n2.htmlより

また、本間希樹教授は国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)の所長にも就任しました。

これについて谷口義明教授は次のように語っています。

「通常、所長は日本人の発想では『名誉職』なので、就任するのは(大学などの)退官直前から60代、早くても50代後半が多い。40代で所長になるのはまれなケースだ」

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190414/soc1904140002-n2.htmlより

若いころから天才だったことが分かりますね。

素人ながら本当にすごい人なんだなと思います。

本間希樹教授の家族(妻・子供)は?

若くして天才だった本間希樹教授。

ネットでは、そんな本間希樹教授の家族、妻や子供はいるのか?

ということについても話題になっていました。

ここでは、本間希樹教授の家族(妻・子供)についてご紹介します。

調べてみたところ、本間希樹教授はご結婚されてて、お子さんもいらっしゃるそうです。

顔もイケメンで天才ということもありやはり結婚していました。

お子さんは女の子だそうです。

素敵なお父さんをもったものですね。

本間希樹教授の出身

世界初のブラックホールの撮影に成功した本間希樹教授ですが

ネットでは本間希樹教授の出身についても話題となっていました。

ここでは、本間希樹教授の出身についてご紹介します。

国立天文台のHPによれば、本間希樹教授は生まれはアメリカのテキサス州だそうです。

そのまま、アメリカの学校に通われたのかと思ったのですが

中学は私立栄光学園中学、そして高校も私立栄光学園高校に通われていました。

私立栄光学園中学・高校は神奈川県の中高一貫の学校です。

また、現在は本間希樹教授は神奈川県の自宅に住んでおり、単身赴任ということですので

現在の出身は神奈川県ということになります。

本間希樹教授の本は?

そんな天才の本間希樹教授。

ネットでは、当然本間希樹教授の本についても話題となっていました。

ここでは、本間希樹教授の著作についてまとめました。

主な本間希樹教授の著作には次のようなものがありました。

『宇宙と生命の起源 2』(2014)岩波ジュニア新書

宇宙と生命の起源2

こちらは他の研究者の方との共著だそうです。

そのほかに

『巨大ブラックホールの謎 宇宙最大の「時空の穴」に迫る』(2017) ブルーバックス

巨大ブラックホールの謎 宇宙最大の「時空の穴」に迫る (ブルーバックス)

という本も出されています。

こちらは本間希樹教授のみが書かれた著作です。

これを機に読んでみるのもいいかもしれませんね。

本間希樹の家族(妻・子供)や学歴は!?出身や本・経歴・プロフィールについてもご紹介!まとめ

この記事では

本間希樹教授の家族(妻・子供)

本間希樹教授の出身

本間希樹教授の本

本間希樹教授の経歴

についてまとめました。

最後にネットの声についてご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です