悠仁様の学力と発達障害の画像は?高校は筑波大学付属?警護(警備)が軽い?

悠仁様発達障害

今回、お茶の水女子大付属中の悠仁様の机に包丁が二本置かれる事件がありました。

お茶の水女子大付属中の新入生代表挨拶も務めた悠仁様の主に学力や発達障害などに関して

この記事では、悠仁様の学力や成績、悠仁様の発達障害、悠仁様の高校に関して、悠仁様の警備に関してまとめました。

悠仁様の学力と発達障害【画像】

ここでは、主に悠仁様の学力や発達障害などの関係についてご紹介します。

悠仁様が誕生する前年の2005年には、皇位継承権の問題が浮上していました。

そんな中、悠仁様が誕生したことで各地は大いに祝賀行事で盛り上がったそうです。

皇室では父である秋篠宮文仁親王以来、実に約40年9か月ぶりの男子でした。

悠仁様の発達障害に関して

そんな悠仁様ですが悠仁様は知的障害ではないか?発達障害ではないか?

など様々な憶測が飛び交っています。

まず、理由の一つに悠仁様が補聴器をつけているとの噂があります。

その画像がこちらです。

悠仁様補聴器

これには二つの説があります。

まず、一つ目に悠仁様は補聴器を付けていなく、この噂はデマであるという説。

そして、もう一つは悠仁樣には何らかの聴覚障害があるという説です。

これは悠仁様の運動会の時に小児科医師の竹内恵子先生が悠仁様の状態を確認する

ために運動会を訪れていたということからです。

竹内恵子先生のご専門は言語聴覚、発達心理、特別支援教育ということです。

また、悠仁様はダウン症なども疑われました。

ちなみに発達障害に関しては厚生労働省のページに次のように書かれています。

発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。
ですが、発達障害はその特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人にあったやり方で日常的な暮らしや学校や職場での過ごし方を工夫することが出来れば、持っている本来の力がしっかり生かされるようになります。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.htmlより

悠仁様がどのような症状かは分かりませんが。

伸び伸びと育ってくれることを願います。

悠仁様の学力に関して

次に、悠仁様の学力に関してご紹介します。

まず最初に悠仁様の学歴についてですが以下にまとめました。

  • 2010年:お茶の水女子大学附属幼稚園に入園
  • 2013年:お茶の水女子大学附属小学校入学
  • 2019年:お茶の水女子大学附属中学校入学

このように、一貫してお茶の水女子大学附属の学校に通われています。

学力に関しては、単純に測れないというのが結論ですね。

そもそも、悠仁様がお茶の水女子大学附属幼稚園に入園したのも

特別入園制度によってです。

2010年(平成22年)4月(3歳7か月の時)にお茶の水女子大学附属幼稚園に入園した。母である秋篠宮妃紀子が同大学を拠点に研究活動を行っていることから、女性研究者を支援するために同大学が創設した特別入園制度での合格によるもので、悠仁親王が適用第一号である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%A0%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B#cite_note-22より

つまり、勉学に関しては単純には測れないところがあります。

お茶の水女子大学附属中学に関しても悠仁樣は学力試験抜きでエスカレーター式に進学されています。

しかし、悠仁様には驚きの一面ありまして

文化祭に悠仁様が出品した作品である信号機の模型が大変優れていると話題になりました。

それが、小学生のものとは思えない作品だったそうです。

それがこちらです。

悠仁様信号機

偏差値や単純学力では測れないですね。

お茶の水女子大学附属中学校の偏差値は69と言われていますが

この偏差値の学力が悠仁様にあるのかどうかは別として

悠仁樣が類稀なる才能をお持ちであることは確かです。

悠仁様の高校は筑波大附属高校?

次に、悠仁様の進学予定の高校についてご紹介します。

そんな悠仁様ですが、一体どこの中学校に進学されるのでしょうか?

最近の報道によれば悠仁様は東大に進学するのを希望しているとのことでした。

この4月よりお茶の水女子大学附属中学校へ進学される秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(12)について、ある東大教授は「外部受験が必要なお茶大附属という時点で(今後の進路は)東大なんだと見ていましたし、その認識は今も変わっていない」と話す。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190331-00559070-shincho-sociより

このように、現在は東大を目指されているそうですが

このために、高校は筑波大学附属高等学校に進学を予定されているそうです。

お茶の水大学付属は近年、筑波大学附属と協定を締結し、筑波大学附属高等学校に内部進学することが可能となりました。

筑波大学附属高等学校とは偏差値は78という超エリート高校で2018年の東京大学合格者は38人もいます。

筑波大学附属高校に進学すれば悠仁様の東大合格に近づくため、悠仁様は筑波大学附属高校に進学されるとのことです。

悠仁様の警備が軽い

そんな悠仁様ですが、今回、悠仁様の机の席に包丁が二本置かれるという事件が発生しました。

これによって中学側の警備に疑問が残りましたが、ネットでは悠仁様の警備(警護)は軽すぎる

と話題になりました。

ここでは、悠仁様の警備の軽さについてご紹介します。

まず、警備の軽さとして今回の悠仁様の机に包丁が置かれた事件の概要がこちらです。

お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区大塚2)で26日正午ごろ、秋篠宮家の長男悠仁さまの教室の机に刃物2本が置かれているのが見つかった。捜査関係者への取材で判明した。同じ時間帯に、作業員風の男が工事関係者を名乗って同校を訪問しており、警視庁はこの男が関与したとみて建造物侵入容疑で行方を追っている。

https://mainichi.jp/articles/20190428/ddm/041/040/056000cより

これによって悠仁様の警備の軽さが問題となりましたが2016年11月に悠仁様がハイキングに向かわれた時に以下のような事故が発生しました。

 その日、悠仁さまと紀子さまはお友だち親子とのハイキングを楽しまれるため、早朝6時半頃、宮邸を出発され中央自動車道を相模湖方面へと向かわれていた。事故が起きたのは7時40分頃。見通しの悪い緩いカーブが続く区間で、渋滞で停車していた乗用車に悠仁さまが乗られた車が後ろから追突した。

https://www.news-postseven.com/archives/20161129_469986.htmlより

一歩間違えれば悠仁様の命も危うかった事故です。

このように、悠仁様の警備や警護は今回の包丁が置かれた事件が示すように

大変軽いと言えます。

皇室関係の人間として、また悠仁様は皇位継承順位第3位ということもあって

非常に注意深く護衛しなければならない存在です。

より一層強力な警備がされるべきですね。

悠仁様の学力や発達障害に関するまとめ

この記事では、悠仁様の学力や成績、悠仁様の発達障害、悠仁様の高校に関して、悠仁様の警備に関してまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です