群馬県南牧村マイクロバス転落事故の運転手の顔画像facebookは?名前は誰?原因やバス会社は?場所は?

群馬県南牧村バス転落事故

群馬県南牧村大仁田でマイクロバスが崖下に転落し、6人が重軽傷を負いました。

この記事では

マイクロバス転落の原因
事故現場の場所
バス会社
運転手の顔画像facebook
名前は誰か

などについてまとめています。

群馬南牧村でマイクロバス転落事故!

2019年5月10日午後3時前
群馬県南牧村大仁田でバスが崖下に転落し

怪我人が出ました。

以下、報道内容です。

消防に入った連絡によりますと、10日午後3時前、群馬県南牧村大仁田でバスが林道脇の崖下に転落し、乗っていた19人のうち、少なくとも6人が重軽傷を負っているということです。いずれも意識はあるということです。警察と消防が詳しい状況を調べています。

事故を通報した人は
転落事故の現場の近くにある、群馬県の大仁田ダム管理事務所の職員は「きょうの午後3時前に、近くを通りがかった人が『バスが沢に落ちてけが人がいる』と事務所に駆け込んできたので、すぐに消防に通報した。事故現場を見た人から話を聞くと、事故が起きたのはダムの近くにある登山口の駐車場の付近で、『バスの運転手が車の外に出ていたときに車が動き出し、中に人が乗ったまま沢に落ちたようだ』ということだった。たくさんの消防車や救急車が現場の方向に走って行った」と話していました。

事故があった現場は、群馬県南牧村の南部にある、県が管理している大仁田ダムの付近です。

近くには標高1182メートルの烏帽子岳があり、南牧村の役場によりますと、今の時期は県内外から多くの登山者が訪れるということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011911611000.html

群馬南牧村でマイクロバス転落事故の場所は?

事故現場は
群馬県南牧村の南部の
県が管理している大仁田ダムの付近です。

こちらが群馬県南牧村南部の大仁田ダムの場所になります。
この付近でマイクロバス転落事故があったということですね。

群馬マイクロバス転落事故の原因やバス会社は?

群馬マイクロバス転落事故の原因については

バスの運転手が車の外に出ていたときに車が勝手に動き出したとのこと。

そして、乗客を乗せたまま沢に落ちたとのことです。

サイドブレーキに問題があったのでしょうか。

原因はまだわかっていません。

運転手に過失があったとも限らず
バスに問題があった可能性もあります。

続く報道を待ちましょう。

バス会社についても報道されていません。

仮にバス会社に過失があれば
バス会社の名前が公表されると思います。

いずれにせよ
乗客の怪我が軽いことを祈るばかりです。

群馬マイクロバス転落事故の運転手の顔画像facebookや名前は誰?

バス会社と同様
運転手に過失があったとは限らないので

運転手の顔画像やfacebook
名前や誰であるかなどは公表されていません。

後の報道を待ちましょう。

群馬マイクロバス転落事故のTwitterの反応


最後に、群馬マイクロバス転落事故に対する
Twitterの反応をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です