福澤光祐(文部科学省)の大学(学歴)や経歴や顔画像フェイスブックは?東京大学出身で高校はどこ?

福澤光祐

5月28日、文部科学省の参事官補佐である福沢光祐容疑者(44)が覚せい剤と大麻を所有していたとして現行犯逮捕されました。

この記事では文部科学省参事官補佐である

福澤光祐の大学(東京大学?)や経歴や高校

福澤光祐の顔画像フェイスブック

など、ネットの疑問についてまとめました。

文部科学省参事官補佐が覚せい剤・大麻所持 福澤光祐が逮捕

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は28日、覚醒剤と大麻を所持したとして、文部科学省のキャリア官僚で初等中等教育局の参事官補佐、福沢光祐(みつひろ)容疑者(44)を覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(同)の疑いで現行犯逮捕した。同部によると、福沢容疑者は「使用するために持っていた」と容疑を認め、大麻については「大麻とは知らなかったが、違法薬物と認識して葉っぱを持っていた」と供述している。
逮捕容疑は28日午前、東京都新宿区北新宿の自宅マンションで、覚醒剤と大麻をそれぞれ数グラムずつ所持したとしている。同部は同日、自宅と職場を家宅捜索し、文科省の福沢容疑者の机の引き出しから覚醒剤とみられる粉末や注射器数本を押収した。福沢容疑者が職場でも覚醒剤を使用していた可能性があるとみて捜査している。

文科省は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾」などとする生川浩史官房長名のコメントを出した。

キャリア官僚を巡っては4月下旬、麻薬特例法違反の疑いで経済産業省の課長補佐、西田哲也被告(28)が警視庁に現行犯逮捕され、その後、覚せい剤取締法違反(輸入、使用)容疑で再逮捕、起訴された。西田被告は同庁の調べに「職場で使っていた」などと供述している。
https://mainichi.jp/articles/20190528/k00/00m/040/215000cより

逮捕されたのは文部科学省参事官補佐の福澤光祐容疑者。

担当は初等中等教育ということで、官僚としてのキャリアだけでなく
様々な講演も行なっている職員であることが知られています。

また、所持していたのは覚せい剤と大麻ということで自宅の机の引き出しから
粉末と注射器数本が見つかったとのことでした。

大麻に関しては大麻とは知らなかったとのことでしたが
大麻は知らなくて覚せい剤は知っていたというのも変ですし

薬物をやる人間が、何の種類の薬物か知らずに薬物を使用するのも変です。
そもそも、大麻が薬物の入り口とまで薬物界では有名だそうです。

この供述には疑問です。

福澤光祐の顔画像・facebookは?


ネットでは、福澤光祐の顔画像やfacebookにも注目が浴びせられていました。
福澤光祐の顔画像やfacebookについて見ていきましょう。

福澤光祐の顔画像

まず、福澤光祐の顔画像についてですが、こちらは福澤光祐が文部科学省の職員として講演をしている時に撮られた写真が残っており、それがテレビニュースで報道されました。

こちらが福澤光祐の顔画像です。

福澤光祐

生き生きとした官僚としての激務をこなしそうな見た目ですね。

実際は薬物に逃げていましたが。

福澤光祐のfacebook

次に、福澤光祐のfacebookについてですが
こちらはfacebookで実際に検索してみたところ

福澤光祐と同姓同名のアカウントはありましたが
投稿もなく本人特定には至りませんでした。

官僚ということでしたから極力個人情報は出さないために
facebookから全情報を削除していたのかも知れませんね。

福沢光祐の学歴(高校・大学)は?東京大学出身だった?


また、今回、覚せい剤と大麻所持で逮捕された福澤光祐ですが
文科省の参事官補佐という地位から、高校や大学などの学歴や

出身大学が東京大学なのかどうかについてまとめました。

調べてみたところ、福澤光祐の大学についてが一切の情報がありませんでしたが
福澤光祐は文部科学省参事官補佐で官僚ということでしたので、東京大学出身なのではないか?

との噂が出たのだと思われます。
また、官僚ということはそれなりの学歴があることが多いので、官僚の大学別出身について調べてみました。

以下が官僚の大学別出身ランキングです。

  • 1位「東京大学」329人
  • 2位「京都大学」151人
  • 3位「早稲田大学」111人
  • 4位「東北大学」82人
  • 4位「慶應義塾大学」82人
  • 5位「北海道大学」67人
  • 6位「大阪大学」55人
  • 7位「中央大学」50人
  • 8位「神戸大学」48人
  • 9位「岡山大学」45人
  • 10位「東京理科大学」43人

(reseMomより)

このように東京大学からの出身者が圧倒的に多いのが現状です。
このため、福澤光祐の大学は東京大学ではないのかと言われているのでしょう。

高校については現在のところ情報がありませんでした。

福沢光祐の経歴・プロフィール


今回、大麻と覚せい剤を所持して逮捕された福澤光祐ですが
現在は文部科学省参事官補佐として勤めていたとのことで

ネットでは福澤光祐の経歴について話題になっていました。
ここでは福澤光祐の経歴についてまとめました。

調査してみたところ福澤光祐は2001年に文部科学省に入省したとのことでした。
現在が44歳ですから25歳か26歳で入省したということになります。

ということは大学院を卒業している可能性もありますね。
また、現在は「文部科学省参事官補佐」ということでしたので

参事官補佐に至るまでのキャリアコースを調べてみました。
以下が官僚の出世コースです。

  1. 係員
  2. 係長
  3. 課長補佐
  4. 室長または企画官課長または参事官
  5. 部長または審議官
  6. 局長または統括官
  7. 事務次官

福澤光祐は参事官補佐とのことでしたので参事官まではなくとも課長補佐よりは上だったことになりますね。
44歳でこの地位ですから出世スピードもよかったのではないでしょうか。

一般に課長補佐になるには18年ほどかかると言われているので福澤光祐の場合は通常より早かったことになります。
それほど、人望もあり仕事ができたのでしょう。

また福澤光祐は東京理科大学で講演を行なっていたり

「ヘッドライン 第24回化学教育フォーラム「高大接続―ペーパーテスト偏重からの脱却―」 高大接続改革と「大学入学共通テスト(仮称)」の検討状況」

という題でセンター試験についても論文を書いていました。

抄録
これからの社会は,より変化の激しい世の中となることが様々な専門家から予想されている。高大接続改革は,このような次代を担う若者たちに,新たな価値を創造できる力(学力の3要素)を育むことを目的として,高等学校教育,大学教育,そして大学入学者選抜の三者を一体的に改革するものである。

本稿では,多岐にわたる改革の中から,大学入学者選抜の改革の一つであり,平成29年5月16日に公表された「大学入学共通テスト(仮称)」の検討状況を中心に,お伝えするものである。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/65/7/65_318/_article/-char/ja/より

また、詳しい経歴プロフィールについては以下にまとめました。

  • 福澤光祐(ふくざわ みつひろ)
  • 長野県教育委員会事務局勤務
  • 文部科学省へ入省
  • 2016 年 7 月より文部科学省高等教育局高等教育企画課高大接続改革プロジェクトチーム専門官

専門については以下です。

    • 教育行政
    • 中世西洋史

また趣味はトライアスロンとのことでした。

論文や講演活動など様々な仕事に取り組んでいたのでしょう。
官僚の出世競争は非常に激しいものと言われています。

また、このような職歴がある福澤光祐は上司や周りからのプレッシャーも相当あったと思われます。
今回の大麻や覚醒剤の使用はそれが原因かも知れませんね。使用していい理由にはなりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です