堂本一輝容疑者(脅迫文NGT48荻野由佳)の顔画像facebookや犯行動機は山口真帆暴行事件で住所は京都?

荻野由佳脅迫事件堂本一輝

NGT48のメンバーである萩野由佳さんを脅迫した疑いで無職の堂本一輝容疑者(24)が逮捕されました。

この記事では堂本一輝のNGT48萩野由佳脅迫事件の概要や堂本一輝の顔画像facebookやtwitter、自宅住所や脅迫内容などネットの疑問についてまとめました。

NGT48荻野由佳に殺害予告 堂本一輝逮捕 脅迫内容は?過去にも脅迫が?

NGT48のメンバーを「殺す」と脅したとして、新潟中央署などは20日、京都府城陽市、無職、堂本一輝容疑者(24)を脅迫の疑いで逮捕した。

同署によると、堂本容疑者は9日、新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバー1人を名指しし「殺す」と書いたファクスを、新潟県内の行政機関や一部報道機関に送信した疑いがある。送付された機関によると、メンバーは荻野由佳さんで、ファクスは1枚だった。堂本容疑者は容疑を認めている。

 ファクスが送られた機関から代理人を通して荻野さんに連絡があり、荻野さんが被害届を出し、同署が捜査。ファクスの送信元の番号が京都市内のコンビニエンスストアだったことから、防犯カメラの映像などの捜査で堂本容疑者が浮上した。

https://mainichi.jp/articles/20190520/k00/00m/040/104000cより

脅迫内容・手口

今回、報道されましたのは新潟県のアイドルグループであるNGT48のメンバー荻野由佳さんを「殺す」と脅迫したとして、無職の堂本一輝容疑者が逮捕された事件でした。

報道によれば荻野由佳さんを名指しした文書を新潟県内の行政機関や報道機関に送信したとのことです。
また、この脅迫文はファクスで送信されています。

このファクスを受け取った荻野由佳さんが被害届を出したことで事件が発覚し、ファクスの送信番号が京都であったことで今回の犯人である堂本一輝に至ったという流れでした。

こちらが実際の犯行ファクス文です。

NGT48萩野由佳脅迫

荻野由佳脅迫

過去の脅迫

また、NGT48のメンバー荻野由佳さんは過去にもこうした脅迫文を送りつけられていました。

このように、一定の人数から過激な文書や危険目ファクスが送られています。
一体、なぜこのような犯行をしたのでしょうか。

これには過去の山口真帆さん暴行事件に関係していると言われています。

堂本一輝のNGT48荻野由佳脅迫の理由は山口真帆事件?


今回の堂本一輝による荻野由佳さん殺害予告事件ですが

堂本一輝の脅迫理由には山口真帆さん暴行事件が関わっていると言われています。

というのも山口真帆さん暴行事件にはいなぷぅさレモン(稲垣龍之介)が関わったとネットでは言われていますが

このいなぷぅさレモンと非常に仲良くしているのが荻野由佳さんでした。

これを機に荻野由佳さんはネットで非常に批判を浴びせられるようになりました。

堂本一輝の顔画像・facebook・twitterは?

今回のNGT48荻野由佳殺害予告事件で逮捕された堂本一輝ですが

ネットでは、堂本一輝の顔画像やfacebook・twitterなどのSNSについて話題になっていました。

堂本一輝は一体どのような人物だったのでしょうか?

ここでは堂本一輝についてや堂本一輝のfacebook・twitterについてまとめました。

堂本一輝の顔画像

まず、堂本一輝の顔画像についてですが、こちらは調査してみたところ

どの報道機関やメディアも堂本一輝の顔画像を公開していませんでした。

おそらく、現在は堂本一輝の犯行の取り調べの最中と思われますので

後のニュース報道などでは堂本一輝の顔画像が公開されると思います。

公開され次第、こちらに追記します。

堂本一輝のfacebook・twitter

次に、堂本一輝のfacebookやtwitterなどのSNSについてですが

こちら、facebookで実際に検索してみたところ「堂本一輝」という名前のアカウントは複数見つかっています。

しかし、住所などを公開していないため堂本一輝本人のアカウントを特定できていません。

また、堂本一輝のtwitterアカウントは見つ借りませんでした。

堂本一輝の自宅住所(京都)


次に、今回の荻野由佳さん殺害予告事件の犯人である堂本一輝の住所について

ネットでは話題になっていましたので、ここでは堂本一輝の住所についてまとめました。

報道によりますと堂本一輝の住所は「京都府城陽市」ということでした。

こちらが堂本一輝の住所の京都府城陽市です。

堂本一輝へのネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です