横浜市営地下鉄ブルーライン脱線事故の原因や理由は横取り装置の取り忘れ?画像や動画は?

ブルーライン脱線事故

6月6日の午前5時20分ころ、横浜市営地下鉄「ブルーライン」の始発列車が下飯田駅を出発した直後に脱線しました。

この記事では

横浜市営地下鉄ブルーライン脱線事故の概要
原因である横取り装置について
状況
復旧
動画や画像・写真

などネットの疑問についてまとめました。

横浜市営地下鉄ブルーラインで脱線事故 現場の状況は?

 6日午前5時20分ごろ、横浜市営地下鉄「ブルーライン」の始発列車が、同市泉区の下飯田駅を出発した直後に脱線した。乗客約130人にけがはなかった。運輸安全委員会は、原因を調べるため鉄道事故調査官3人を現地に派遣した。

市交通局によると、湘南台発の始発列車が隣の下飯田駅を出た直後、6両編成のうち先頭から5両目までが、進行方向の左側に脱線した。5日夜、工事用車両を移動させるためレールの分岐部分にかぶせた金属製の「可動式横取り装置」がそのまま放置され、乗り上げたとみられる。

本来は、装置を撤去した後に作業中を知らせる警告灯を止めるが、作業員が撤去前に止めており、撤去を失念した可能性があるという。
列車は脱線時、時速約35キロのスピードだったとみられ、乗務員が衝撃を感じてから約40メートル走行した。事故後、乗客は係員の誘導で、線路上を歩いて下飯田駅まで移動した。
記者会見した城博俊交通局長は「人的ミスの可能性が高いと考えており、再発防止に取り組む」と陳謝した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060600205&g=socより

6月5日の午前5時20分すぎ、神奈川県横浜市泉区で下飯田駅で駅から出発したブルーライン電車が脱線する事故が発生しました。この事故で乗客130人に怪我はありませんでしたが、大幅な遅延が発生しました。

列車は脱線じ、時速35kmほどのスピードだったそうで、衝撃があってから約40mほど進んだとのことでした。

乗務員の方が異変に気付いたから良かったものの、そのまま走行していたら甚大な被害が出たかと思うと本当に怖いですよね。

こちらが、事故当時、列車内にいた方の動画です。

床が盛り上がってますね。

今回、脱線事故が起きたブルーラインですが、現在のところは一部復旧しているとのことで運転が再開されています。

横浜市営地下鉄ブルーラインで脱線事故の原因は?横取り装置の取り忘れ?


今回、横浜市下飯田駅で起きた横浜市営地下鉄ブルーライン脱線事故ですが

ネットではこの脱線事故の原因について話題になっていました。

ここではブルーライン脱線事故の原因についてまとめました。

この脱線事故の原因について報道されたのは

「可動式横取り装置の取り忘れ」

でした。

横取り装置は、先端部分のトングレールとクロッシングにあたる部分がそれぞれ横取り器と呼ばれている。本線レールに乗越し形式のレールを取り付けるようになっており、線路閉鎖などの手続きを手配してから取り付けられる。

新幹線においては、機械式により横取り装置全体が本線レール上に乗り、保守用車を基地線に分岐させる横取り装置となっている。

http://hosenwiki.com/index.php?title=%E6%A8%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E8%A3%85%E7%BD%AEより

どうやら、5日の夜に工業用の列車を移動させるために可動式の横取り装置を線路につけたまま

作業員が取り忘れ、さらに横取り装置を撤去した後に止めるはずの警告灯を、撤去前に止めているとのことでした。

こちらが、可動式横取り装置が取り付けられている画像です。

また、次の動画のように横取り装置は本来の場所に戻さなければなりません。

見てみると結構大型の装置ですよね。

横取り装置車両を分岐させるために使用するものでしょうから

このようなものが忘れられていたら当然、脱線事故が起きてしまうと思われます。

現在はブルーラインは一部運転再開しているとのことでしたので、今後はこのような事故が起きないようにして欲しいですね。

twitterの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です