秋山司環境副大臣と手を組んだL社(ヤミ金)はどこ?不正取引を行った東レ幹部社員は誰?日覺昭廣に1億2000万円の支払い要求か

秋元司

今月2月に判明した東レの巨額不正不正事件ですが

この事件に関して秋山司環境副大臣が東レの社長・日覺昭廣に1億2000万えんの支払いを求める

電話をしていたことが分かりました。

そして、その際に関わったのがヤミ金業者L社だそうです。

この記事では

不正取引を行った東レの幹部社員は誰?

秋山司環境副大臣と手を組んだヤミ金L社はどこ?

といったネットの話題についてまとめました。

秋山司環境副大臣が東レ社長に1億2000万円の支払い請求

不正取引の発端となったのは2016年のバングラデシュでの水処理装置の販売事業。

約15億の水処理装置の販売はテロなどの治安悪化によって失敗しました。

今回の不正取引はその在庫をどう処分するかの問題だったそうです。

まず、東レと取引のある代理店が買い取った後、都内のコンサル会社「O」が引き取る

という形でO社が約5億6000万円を買い取りました。

そして、O社に買い取り資金を出すことになっていたのがL社だったそうです。

O社はL社から2億4000万円の融資を受けたそうです。

そして、O社は借金の2億4000万円の借金がある中、1億2000万円を返済。

残りを返済しようとしたときに出てきたのが秋元司環境副大臣だったそうです。

秋元司環境副大臣はL社の代理として東レに借金の返済を要求したそうです。

関係者によれば秋元司環境副大臣は次のように述べたとか。

「秋元氏は日覺社長に対して『L社の案件に関して、資金が返済されていない。東レ側が連帯保証しているでしょう。借主が返せないなら連帯保証人が返すべきではないか』と言ったそうです」(同前)

https://bunshun.jp/articles/-/11528より

急に出てきましたね。

怪しくなりそうです。

秋元司環境副大臣と組んだL社とは?

そんな秋元司環境副大臣とL社ですが

ネットではL社とは?どこの会社?

と話題になっています。

ここではL社についてまとめました。

まず、L社についてですが

コンサル会社のO社はL社から2億4000万円のお金を借りましたが

その取り決めは大変ひどいものだったそうです。

その内容はO社の関係者によれば

貸借期間は2か月

月利は10%

というとんでも案件だったとか。

さらに、調べてみたところL社は賃金業の登録もなく、しかも法定金利を超える高利で金をかす「ヤミ金業者だったそうです。」

賃金業には登録が必要なんですね。

金融庁には次のように記載されていまいした。

 貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうか「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認しましょう。

https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/より

また、東京都産業労働局には次のように記載されています。

貸金業を営もうとする者は、登録を受けることが必要です。(貸金業法 第3条)

また、3年ごとに登録を更新しなくては、その効力は失われます。

成年被後見人又は被保佐人、登録取消後5年を経過しない者、禁錮以上の刑を受けたなどの場合には、登録は受けられません。(貸金業法 第6条)

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kashikin/touroku/touroku/より

また、登録を必要とする業務の例に次のように上げています。

消費者金融業者・手形割引業者・事業者金融業者(不動産担保金融業者等)
貸付けを行うカード会社や信販会社・貸付けを行う百貨店やスーパー

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kashikin/touroku/touroku/より

お金のやり取りですから当たり前ですね。

それをL社は登録していなかったのですから大問題です。

秋元司環境副大臣は文春にL社について尋ねられたところ

「知らない」

の一点張りだったそうです。

L社はどこか、明かされてはいませんでしたが

闇金リストのサイトがありました。

https://yamikin.kinri.jp/tokyo/

この中にあるのかどうかわかりませんが

新しい情報が入り次第追加していきます。

不正取引を行った東レの幹部社員は誰?

そんな今回の事件ですが

ネットでは不正取引をした東レの幹部社員は誰?

と話題になっていました。

ここ不正取引を行った幹部社員についてご紹介します。

まず、今回の事件で東レは次のように答えているそうです。

 東レ広報室は次のように答えた。

「社長あてにはお客様をはじめとして多数の電話を頂戴いたします。会社としての守秘の関係もありますので、個々の電話の内容についてお答えすることは差し控えさせていただきます」

https://bunshun.jp/articles/-/11528より

まさに「守秘義務」という名の逃げ。

では、不正取引を行った幹部社員は誰なのでしょうか。

幹部社員ともあって、会社は全力で隠しとおすつもりでしょう。

東レの幹部社員は以前から怪しかったそうです。

顔や名前などは明かされてませんが

新しい情報が入り次第追加していきます。

秋山司環境副大臣と手を組んだL社(ヤミ金)はどこ?不正取引を行った東レ幹部社員は誰?日覺昭廣に1億2000万円の支払い要求か まとめ

この記事では

不正取引を行った東レの幹部社員は誰?

秋山司環境副大臣と手を組んだヤミ金L社はどこ?

といったネットの話題についてまとめました。

最後にネットの声をまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です