JR阪和線の人身事故自殺の高校生の高校はどこ?身元や名前や顔画像は?動機は何?

5月11日の午後10時30分頃、大阪府泉佐野市のJR阪和線で天王発和歌山行くの快速電車が踏切内の高校2年生の男子生徒をはね、男子高校生が死亡しました。

この記事では、JR阪和線の人身事故の概要や、男子高校生の学校や、名前や顔画像などの身元について現在分かっていることをまとめました。

JR阪和線で人身事故 高校2年生が死亡 自殺か


今回、報道されたのは5月11日10時30分に大阪府泉佐野市長滝JR阪和線で起きた人身事故でした。
和歌山行きの快速電車が踏切内に座っていた男性をはね、男性は死亡しましたが、この男性は市内に住む男子高校生2年生であることが判明しました。

今回のJR阪和線高校生自殺人身事故の概要は以下です。

11日午後10時30分頃、大阪府泉佐野市長滝のJR阪和線で、天王寺発和歌山行きの快速電車が、踏切内で座り込んでいた男性をはねた。男性はその場で死亡が確認された。泉佐野署によると、同市内に住む高校2年の男子生徒(17)。同署は自殺とみて、経緯を調べている。
同線は計4本が運休するなど、約3500人に影響した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190512-OYT1T50067/より

男性は踏切内に座っていたとのことで自殺とみられています。

人身事故の場所

また、今回のJR阪和線で起きた男子高校生自殺人身事故の現場ですが

報道によりますと現場は

「大阪府泉佐野市長滝のJR阪和線天王寺発和歌山行き」

ということでした。

こちらが大阪府泉佐野市長滝のJR阪和線の地図です。

では、JR阪和線で自殺した男子高校生とは誰だったのでしょうか?

JR阪和線で自殺した男子高校生の身元(高校・名前・顔画像)


今回、JR阪和線で起きた男子高校生自殺人身事故ですが

ネットでは自殺した男子高校生の高校や身元、名前や顔画像などについて話題になっていました。

ここではJR阪和線で自殺した男子高校生の身元などについて現在分かっていることについてご紹介します。

まず、死亡した男子高校生の高校についてですが

こちらは報道機関は「市内に住む高校2年生」

と報道しただけで、高校名については公表しませんでした。

しかし、JR阪和線の線路内で自殺したということですから

日常的にこの路線を使用していたのではないかと思われます。

そこで、JR阪和線の付近にある高校を調査してみました。

こちらがJR阪和線付近の高校地図一覧です。

顔画像

また、自殺した男子高校生の顔画像ですが

こちら調べてみたところ、どの報道機関やメディアも

死亡した男子高校生の顔画像を公開していませんでした。

遺族の方が顔画像公開を拒否しているのかもしれません。

名前

次に、自殺した男子高校生の名前についてですが

こちらも現在のところどの報道機関も公開していませんでした。

JR阪和線男子高校生人身事故に対するtwitterの反応


この記事では、5月11日の午後10時30分頃、大阪府泉佐野市のJR阪和線で天王発和歌山行くの快速電車が踏切内の高校2年生の男子生徒をはね、男子高校生が死亡した人身事故に関して、JR阪和線の人身事故の概要や、男子高校生の学校や、名前や顔画像などの身元について現在分かっていることをまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です