阿久根港車転落事故の身元が特定?なぜ実名報道されない?顔画像や名前や住所は?心中の可能性も?

阿久根港

5月13日の早朝、鹿児島県阿久根市港町の阿久根漁港で車が海に転落する事故があり成人男女2人と子供2人が死亡しました。

現在になっても実名報道がされず身元が不明となっています。

この記事では、阿久根港での車転落事故の概要や阿久根港で死亡した男女の身元について現在わかっていることをまとめました。

鹿児島県阿久根港で乗用車転落 男女4人が死亡

13日午前5時40分頃、鹿児島県阿久根市港町の阿久根漁港で「海の中に沈んでいく車を見た」と、通りかかった漁師の男性が110番した。車内の男女4人が心肺停止状態で病院に運ばれたが、間もなく全員の死亡が確認された。県警阿久根署は、4人は家族とみて当時の状況を詳しく調べている。

発表によると、2人は40歳代くらいの男女で、残る2人は小学生くらいの男児。車内に残っていたバッグから、男性のものとみられる運転免許証が見つかり、県内の住所が記載されていた。いずれも外傷や着衣の乱れはなかった。

 車は岸壁から20~30メートル先の海中に沈んでいた。岸壁に車止めはなく、ブレーキ痕も確認できていないという。車は鹿児島ナンバーのレンタカーだった。

 現場は市中心部から南西約500メートルで、周辺には漁業関連施設が点在している。通報した男性は「仕事で現場近くに行ったら、海面に車の後部が浮いているのが見え、20秒ほどで沈んだ」と話した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190513-OYT1T50210/より

事故現場、阿久根港の地図はこちらです。

阿久根港で死亡した男女の身元は?心中か?

鹿児島県阿久根市阿久根港で死亡した男女4人ですが、現在のところも身元が判明していないのか報道されていません。

また、この男女4人は家族で心中の可能性もささやかれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です