石橋健太が愛知県女子中学生に覚醒剤譲渡!顔画像facebookや住所は?入手ルートや職業は土木作業員?

石橋健太

愛知県豊田市で2019年3月に当時15歳の女子中学生に覚醒剤を譲渡した事件で愛知県江南市の土木作業員の石橋健太容疑者(27)が逮捕されました。

この記事では、今回の愛知県女子中学生覚醒剤譲渡事件の概要や石橋健太の顔画像やfacebook、そして覚醒剤の入手ルートや職業などについてまとめました。

愛知県で女子中学生に覚醒剤譲渡 石橋健太逮捕 入手ルートは?


今回報道されましたのは、愛知県豊田市で出会い系サイトで知り合った女子中学生に、0.05gの覚醒剤を渡したとして、土木作業員の石橋健太が逮捕されました。

当時15歳の女子中学生に覚醒剤を渡したということで、警察は少女の覚醒剤入ルートを操作していた結果、犯人は石橋健太だということが判明したそうです。

今回の石橋健太による覚醒剤譲渡事件の概要はこちらです。

当時15歳の中学生だった少女に覚醒剤を譲り渡したとして、愛知県警豊田署は7日、覚せい剤取締法違反(譲渡)の疑いで、同県江南市五明町青木、作業員、石橋健太容疑者(27)を逮捕した。

豊田署によると、石橋容疑者と少女は2月から3月ごろ、出会い系サイトを通じて知り合った。少女の母親が相談し、同署が覚醒剤を使用したとして同法違反(使用)の疑いで3月28日に少女を逮捕。供述などから石橋容疑者が浮上した。

石橋容疑者の逮捕容疑は3月27日、豊田市の路上で、少女に覚醒剤約0・05グラムを渡した疑い。

https://www.sankei.com/affairs/news/190507/afr1905070036-n1.htmlより

そもそも、石橋健太の覚醒剤入手ルートが気になるところですよね。

土木作業員ということもあって、薬物関係の人間と関係があったとしか思えませんね。

今回は女子中学生と出会い系サイトで出会ったということですが

何故このような少女が覚醒剤を欲しがったのか

または石橋健太が一方的に渡したのか、より詳しい捜査が必要となっていますね。

では、石橋健太とはどのような人物だったのでしょうか。

石橋健太の顔画像・facebook・住所・勤務先


今回の、愛知県豊田市の路上で起きた女子中学生に覚醒剤を渡した事件で逮捕された石橋健太ですが

ネットでは、石橋健太の顔画像やfacebook、住所や土木作業員ということから勤務先について話題になっていました。

ここでは、石橋健太の顔画像・facebook・住所・勤務先について現在わかっていることをまとめました。

石橋健太の顔画像

まず、石橋健太の顔画像についてですが

こちら調べてみたところ、どの報道機関やメディアも

石橋健太の顔画像を公開していませんでした。

若者であるため更生の余地を残しているのか

会社を考慮しているのかは分かりませんが

一度、覚醒剤譲渡などをしている人間ですから

余罪もあると思いますので、その時に石橋健太の顔画像が判明するかもしれません。

石橋健太のfacebook

次に、石橋健太のfacebookについてですが

こちらは実名登録のため検索してみました。

すると、石橋健太と同姓同名のアカウントが複数見つかりました。

しかし、顔画像や住所などの掲載がないため

石橋健太本人特定までには至りませんでした。

非常に多くのアカウントがありますのでもしかしたらこの中に石橋健太の

facebookアカウントがあるかもしれません。

気になる方はご覧ください。

石橋健太のfacebook

石橋健太の住所・勤務先

次に、石橋健太の住所と勤務先についてですが

一連の報道による石橋健太の住所と職業勤務先をまとめると

「愛知県江南市五明町青木の土木作業員」

ということになります。

まず石橋健太の住所である愛知県江南市五明町青木の地図がこちらです。

近くに名鉄犬山線が通っているところですね。

また、石橋健太が愛知県江南市五明町青木の土木建築会社に勤めているとは限りませんが

一応、愛知県江南市五明町青木にある土木建築関係の会社がこちらです。

青木建築というのがありました。

何れにせよ、報道機関やメディアは石橋健太の勤務先である土木建築会社について報道しませんでした。

石橋健太に対するtwitterの反応


この記事では、愛知県豊田市で2019年3月に当時15歳の女子中学生に覚醒剤を譲渡した事件で逮捕された

愛知県江南市の土木作業員の石橋健太容疑者(27)に関して

愛知県女子中学生覚醒剤譲渡事件の概要や石橋健太の顔画像やfacebook、そして覚醒剤の入手ルートや職業などについてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です