猪野屋博さんが高校生に財布をプレゼント!どこのブランド?イムス病院医師の経歴は

猪野屋博

沖縄工業高校2年の崎元颯馬さん(17)に航空券代6万円を貸していた男性が埼玉県イムス三芳総合病院イムス三芳総合病院に勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)であることがわかりました。

この記事では、猪野屋博さんの経歴や病院、また猪野屋博さんが崎元さんにプレゼントした財布など最新の情報をまとめました。

崎元颯馬さんに6万円を貸した男性が猪野屋博と判明


今回話題になっていますのは、沖縄工業高校2年生の崎元颯馬さんに航空券代を貸した猪野屋博さんです。

崎元颯馬さんは伯父の葬儀場である与那国島へ行くため、那覇空港に向かっていましたが、航空券代が入った財布を無くし落胆していたところ、ある男性が崎元颯馬さんに声をかけ、6万円を代わりに出したということでした。

崎元颯馬さんは、この男性にお金を返しお礼をしたいということでネットニュースで話題になっていましたが、10日午前に、崎元颯馬さんにお金を貸した男性本人から連絡が入り、猪野屋博さんということが判明しました。

ネット上では感動の嵐が巻き起こりました。
猪野屋博さんのあたたかい人助けの心と、恩義を忘れない崎元颯馬さんの姿に筆者も本当に感動いたしました。

今回の猪野屋博さんと崎元颯馬さんの出来事の概要は以下です。

沖縄工業高校崎元颯馬(そうま)さん(17)が、財布をなくして困っていた時に、お金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件で、10日午前、本紙などの記事を見た本人から同校に連絡があった。男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)。ネットニュースを読んだ同じ病院の医師から伝えられた。

猪野屋さんは「捜してくれていることに感激して泣けてきた。信じていて良かった」と涙を流しながら喜んだ。学校から恩人が見つかったことを知らされた崎元さんも「今すぐ連絡したいほど嬉しい。あの時の感謝が思いだされて胸がこみあげる」と話した。

母親が沖縄出身で、息子らも県内に住み、たびたび来県する猪野屋さん。20日から沖縄を訪れ、滞在中に崎元さんや学校関係者と面談する予定。「感謝の気持ちを伝えたい」と話す崎元さんは、直接会ってお金を返し、「工業高校生らしく自作の品もプレゼントしたい」と再会を心待ちにしている。

2人の「出会い」は4月24日の早朝。崎元さんは伯父の葬儀で与那国島へ向かうため那覇空港に向かっていたが、航空券代が入った財布をなくし途方に暮れていた。沖縄都市モノレールに同乗していた猪野屋さんは、うなだれている崎元さんに「どうしたんだ」と声を掛け、事情を知った。

なくしたお金は6万円。猪野屋さんは「そんなにかかるのか」と一瞬、疑問もよぎったが、「あまりに悲しい顔なので貸すことは決めていた」。空港駅のホームで6万円を渡し、身元も十分に確認しないまま、出発便へ急がせた。

猪野屋さんは埼玉に戻り、知人らと話題にしたが、「だまされたんだよ」と笑われた。

半ば諦めもあったが「俺は信じている」と思っていた猪野屋さん。10日朝に同じ病院の医師からの電話で崎元さんが捜していることを知った。「やはり沖縄の人は優しいよ。涙が止まらなかった」と、取材にも泣きながら話した。

同日、猪野屋さんから連絡を受けた同校の赤嶺正一郎教頭(53)は「こんなに早く見つかり驚いた。崎元さんと一緒にお礼したい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00418081-okinawat-okiより

猪野屋博さん高校生に財布をプレゼントする!

また、今回の猪野屋博さんと崎元颯馬さんの物語ですが、崎元さんが自作の猪野屋さんの名前が入った文鎮をプレゼントしたことで話題になりましたが

猪野屋さんも崎元さんに革製の財布をプレゼントしていたことが分かりました。

猪野屋さんは「もう落とさないように」との思いでプレゼントしたそうです。

また、その財布のブランドですが、現在のところ判明していませんが

画像はこちらです。

猪野屋博財布

猪野屋博さんの顔画像・経歴・facebook・家族

今回、沖縄工業高校2年の崎元颯馬さんに航空券代を貸した恩人である猪野屋博さんですが

ネットでは、猪野屋博さんの顔画像や経歴やfacebookについて話題になっていましたので、ここで紹介したいと思います。

まず、報道によれば、猪野屋博さんは埼玉県の「イムス三芳総合病院」に務める脳卒中神経内視鏡センター長の医師であることが分かりました。

そこで調べてみました。

猪野屋博さんの顔画像


まず、猪野屋博さんの顔画像についてですが

こちらは猪野屋博さんが務める「イムス三芳総合病院」のホームページに掲載されていました。

こちらが猪野屋博さんの顔画像です。

猪野屋博

優しそうな方ですよね。

猪野屋博さんは自身、母や息子が沖縄に住んでいるということで

度々沖縄を訪れているそうです。

猪野屋博さんの経歴は東大卒?

次に、猪野屋博さんの経歴ですが

こちらも猪野屋博さんが務める「イムス三芳総合病院」のホームページに以下のように記載されていました。

昭和51年  新潟大学医学部卒
昭和58年  東京大学 脳神経外科文部教官
昭和62年  都立荏原病院 脳神経外科医長
平成 2年  沖縄県立那覇病院脳神経外科部長
平成 5年  新東京病院 脳神経外科部長
平成19年 同院 院長兼脳神経外科部長
平成22年  同院 名誉院長兼脳神経外科部長
平成24年  帝京大学医学部脳神経外科客員教授
平成24年  社会医療法人友愛会豊見城中央病院 脳神経外科部長
平成27年  医療法人ブルースカイ 松井病院 院長
平成28年 イムス三芳総合病院 脳卒中 神経内視鏡センター長

https://www.ims.gr.jp/miyoshisougou/service/noushinkei.html(イムス三芳総合病院HP)」より

また、最終学籍は東京大学医学博士号で日本脳神経外科学会認定医ということでした。

経歴も人柄も素晴らしい方です。

また、業績には次のように書かれていました。

動脈瘤クリップ 1500例以上
脳腫瘍摘出術 800例以上
頚動脈ステント留置術 300例以上
コイル塞栓術 160例以上
内視鏡による頭蓋底腫瘍摘出 30例以上

https://www.ims.gr.jp/miyoshisougou/service/noushinkei.html(イムス三芳総合病院HP)」より

今回の素晴らしい出会いに感動ですね。

猪野屋博さんのfacebook


次に、猪野屋博さんのfacebookについてですが

こちらは調べてみたところ、見つかりませんでした。

猪野屋博さんはfacebookをやっていないのかも知れませんね。

猪野屋博さんの家族

また、猪野屋博さんの家族についてですが

今回のネットニュースの報道によりますと

猪野屋博さんの母親や子供は沖縄県にいるとのことでした。

おそらく、猪野屋博さんの妻も沖縄にいると思われます。

また、猪野屋博さんは沖縄でジャズバンドをやっていたとの情報もありました。

MJO というユニークな面白いジャズバンド がある。その生い立ちから現在までの足跡を紹 介する。

このバンドが誕生したきっかけは、今から21 年前の1990 年の10 月に県立那覇病院の中で一 番忙しい集中治療室で、重症患者を診るために 泊り込んでいる二人の医師のある会話からはじ まった。脳外科の猪野屋博先生が心臓外科の私 に『先生、12 月の忘年会の余興で1 位になれば ラジカセがもらえるらしいよ。医局でバンドを 組んで出てみようよ。』と言った。私は冗談だ と思い、『いいね、できるといいね。』と答えた だけだった。ところが数日後に、猪野屋先生が 『知花先生、琉大産婦人科にドラムセットがあ って、今はメンバーもいなくてほこりをかぶっ ているというから、借りてきたよ。』とドラム セットをもってきたのを見て、『猪野屋先生、 本気だったの!』と私は驚き、早速メンバーを 探し回って9 人編成の『バンド』を発足して練 習を開始し、12 月14 日の忘年会でデビューし たのだった。

http://www.okinawa.med.or.jp/old201402/activities/kaiho/kaiho_data/2011/201105/096.htmlより

猪野屋博さんは沖縄にゆかりのある方なんですね。

猪野屋博さんへのtwitterの反応


沖縄工業高校2年の崎元颯馬さん(17)に航空券代6万円を貸していた男性が埼玉県イムス三芳総合病院に勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)であることが判明した件で、この記事では、猪野屋博博さんの顔画像や経歴、facebookについてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です