市立尼崎高校男子バレー部で体罰をした臨時コーチ28歳は誰?顔画像や名前が特定?

尼崎高校体罰

4月29日に尼崎市立尼崎高校の男子バレー部で臨時講師である28歳のコーチが部員に複数回の平手打ちをし体罰が問題となり5月9日に尼崎市教育委員会が会見を開きました。

この記事では、尼崎高校男子バレー部の体罰問題の概要や尼崎高校男子バレーボール部で体罰を行った28歳の臨時コーチの名前や顔画像などネットの疑問についてまとめました。

市立尼崎高校の男子バレー部で28歳臨時講師が体罰


今回、問題となり報道されたのは、兵庫県尼崎市の市立尼崎高校の男子バレーボール部で臨時としてコーチを務めていた男性講師が4月29日の午前で行われた他校との練習試合で3年生の男子生徒に平手打ちを行った体罰問題でした。

この体罰は当初は発覚していませんでした。というのも、臨時講師は体罰直後に生徒に謝罪し、保護者にも電話で謝罪したそうですが、学校側へは連絡をしていなかったとのことです。

その後、5月7日に学校に匿名の電話が入り、臨時講師による体罰が発覚したとのことです。

今回の市立尼崎高校男子バレー部での体罰問題の概要は以下です。

全国大会常連の強豪、兵庫県の尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部で、コーチの男性臨時講師(28)が部員に体罰をしていた問題で、同市教育委員会は9日の会見で、日常的な体罰の有無など詳細を調査すると発表した。市教委によると、同部の男性監督(51)をはじめ指導者らは4月29日に体罰を把握しながら、匿名の情報が寄せられるまで学校に報告していなかった。

男性講師は10連休半ばの4月29日、同校で練習中に3年生部員1人の顔を複数回平手打ちした。市教委によると、けがはなかった。ボールの片付けで「(部員の)緩慢な態度に感情的になってしまった」と話し、現在は指導を外れている。

市教委は今後、他に体罰がなかったかや部の管理体制などを調べる予定で「管理監督責任を含めて対処する」とした。また、市立中学・高校に体罰防止の徹底を求める通知や教職員向けの研修なども検討する。

https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201905/0012315493.shtmlより

市立尼崎高校は男子バレーボールでは全国大会常連の強豪校だそうで

生徒、コーチ共に熱くなってしまうのは分かりますが

それでも体罰というのは話が違いますね。

これは指導でも何でもなく自分の鬱憤を暴力でぶつけているだけですからね。

今回、体罰問題があった市立尼崎高校の地図はこちらです。

また、臨時コーチの方も隠さずにすぐ報告すべきでした。

市立尼崎高校の男子バレー部で体罰した臨時コーチは誰?(顔画像・名前)

今回、市立尼崎高校で起きた男子バレー部員体罰問題ですが

ネットでは、平手打ちを行った臨時コーチは誰?と話題になっていました。

ここでは体罰を行った臨時講師の顔画像や名前について現在分かっていることをまとめました。

臨時コーチの顔画像

まず、体罰を行った臨時コーチの顔画像ですが

こちら調べてみたところ、どの報道機関やメディアも公開していませんでした。

本人更生のためでしょうか。

より詳しい調査が進むにつれて公開されるかもしれません。

臨時コーチの名前

また、平手打ちをした臨時講師の名前ですが

こちらも現在のところ一切明かされていませんでした。

ネットでは、バレーボールの情報サイトである「月バレ.com」に

市立尼崎高校男子バレー部のメンバーや監督

コーチの名前が載っているとの情報がみられましたが

市立尼崎高校男子バレー部の正規のコーチの名前は載ってはいますが

これは2018年12月26日にアップされたものなので

今回の体罰を行った臨時コーチとは無関係です。

誤った情報に注意してください。

尼崎高校男子バレー部体罰臨時講師へのtwitterの反応


この記事では、尼崎高校男子バレー部の体罰問題の概要や尼崎高校男子バレーボール部で体罰を行った28歳の臨時コーチの名前や顔画像などネットの疑問についてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です