市立大野東中学校から偽札?偽造紙幣を作った犯人のは誰?名前や顔画像は?中学生の犯行?

5月9日に福岡県大野城市立大野東中学校の売店の売上金から偽造された1000円札が二枚見つかりました。
教育委員会と市立大野中学校は中学校の生徒の犯行とみて警察に相談したようです。

この記事では、市立大野東中学校で偽造紙幣が発行された事件の概要と犯人の中学生の顔画像や名前について現在分かっていることについてまとめました。

大野城市立大野東中学校で偽札が見つかる


今回報道されましたのは、5月9日に福岡県の市立大野東中学校の売店のパンの売上金からコピー機によって偽造された1000円札2枚が見つかるという事件でした。

今回の市立大野中学校の偽造紙幣事件の概要は以下です。

福岡県大野城市教育委員会は9日、市立大野東中学校内にある売店のパンの売上金からコピー機で偽造された1000円札2枚が見つかったと発表した。市教委と同校は、生徒が偽造した可能性が高いとみて県警春日署に相談し、生徒に再発防止などを指導した。
市教委と同校によると、昼食にパンを購入したい生徒は朝、注文書と現金を入れた封筒を教室前のケースに入れ、担当教員が集めたケースを売店の80代の女性販売員が受け取ってパンを用意する。
4月末に同月分の売上金を販売員が確認した際、不審な1000円札2枚を見つけ、今月8日に同校に報告した。2枚とも同じ記号で、両面コピーしてはさみなどで裁断した偽造紙幣と判明した。
市教委は、被害者である販売員が事件化を希望していないため、刑事告発は見送る方針という。一方、同校は生徒以外の現金が紛れ込む可能性は低く「生徒による行為」とみて9日の全校集会で紙幣の偽造・行使は重大な犯罪であることを生徒に説明。保護者にも家庭での話し合いを求める文書を配布した。

吉富修・市教育長は「事態の重大さを十分に受け止め、子どもたちに実感させることができるような教育活動に努める」とのコメントを出した
https://mainichi.jp/articles/20190509/k00/00m/040/227000cより

この学校では昼食にパンを購入したい生徒は朝に担当教員に注文書と封筒に入れた現金を渡す制度担っています。

今回は封筒に偽札が入っていたため、中学校の生徒の犯行である可能性が高いとされました。

また、今回偽造紙幣事件があった市立大野東中学校の場所がこちらです。

では、今回、市立大野東中学校で偽造紙幣を作った犯人とは一体どのような人物だったのでしょうか?

市立大野東中学校で偽造紙幣を作った犯人は?


ネットでは市立大野東中学校で偽造紙幣を作った犯人について話題になっていました。

ここでは市立大野東中学校で偽造紙幣を作った犯人について現在分かっていることについてご紹介します。

現在、各メディアや報道機関を調べてみたところ、犯人の中学生の顔画像や名前などは公開されていませんでした。

学校の売店側は事件化しないということなので、今後は丸く収まるのではないかと思われます。

犯人の中学生には2度とこのようなことをしないでいただきたいですね。

市立大野東中学校で偽造紙幣事件に対するtwitterの反応

5月9日に福岡県大野城市立大野東中学校の売店の売上金から偽造された1000円札が二枚見つかった事件に関して、この記事では、市立大野東中学校で偽造紙幣が発行された事件の概要と犯人の中学生の顔画像や名前について現在分かっていることについてまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です