宮本蓮士(小郡市宝満川水難事故)の顔画像や溺れた原因や場所は?立御原小学校児童が溺死

宮本蓮士

5月16日の午後3時前頃に福岡県小郡市の川で起きた、小学生2人が溺れた事故ですが流された男児である宮本蓮士くんが死亡しました。

この記事では福岡県小郡市宮本蓮士くん溺死事故の概要や、宮本蓮士くんの顔画像や立御原小学校や事故の原因や現場などネットの疑問についてまとめました。

福岡県小郡市宝満川で小郡市小学生2人が水難事故 宮本蓮士くん死亡

 16日午後2時50分ごろ、福岡県小郡市二森の宝満川で「小学生2人が溺れた。男児1人を救助したが、男児1人が沈んだまま見つからない」と119番通報があった。県警によると、1人は近くにいた人に救助された。もう1人もその後、救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

小郡市立御原小学校によると、2人は同小に通う3年生の男児。下校後に、児童数人で川遊びをしていて流されたという。石井裕一教頭は「児童たちからはまだ話を聞けておらず、詳細は分からない」と話した。

小郡署によると、現場の川幅は30~40メートル。水深は約6メートル。柵はなかった。亡くなった男児は水着を着ていたが、遊泳場所ではないという。
https://www.asahi.com/articles/ASM5J5HXLM5JTIPE02L.htmlより

今回、宮本蓮士くんが川に流され死亡した水難事故ですが

報道によりますと、下校時に児童が川遊びをしていたとのことでした。

児童は小学3年生で現在のところ詳細は不明とのことでした。

今回、宮本蓮士くんが死亡した事故現場は「福岡県小郡市二森の宝満川」ということでした。

こちらが福岡県小郡市二森の宝満川です。

宮本蓮士が死亡原因は?


また、今回の宝満川での事故ですが

事故原因については、児童たちから詳細が聞けていないとのことでしたが

宝満川は川幅30~40mで水深が約6mとのことでしたので

小学3年生くらいの子供ならすぐに流されてしまうと思われます。

また、当時男児は水着を着ていたそうですが、こちらはそもそも遊泳場所ではないとのことでした。

泳ぐ場所ではないところでの川遊びはやはり危険ですね。

親御さんたちはこれ以上被害者を出さないためにも何度も注意しておくことが必要です。

宮本蓮士くんのように事故にあってからでは遅いです。

宮本蓮士の顔画像や立御原小学校について


今回の宝満川で宮本蓮士くんが亡くなった事故ですが

ネットでは、宮本蓮士くんの顔画像や宮本蓮士の小学校である立御原小学校について話題になっていました。

ここでは宮本蓮士くんの顔画像や立御原小学校についてまとめました。

宮本蓮士くんの顔画像

まず、宮本蓮士くんの顔画像についてですが、こちらは現在のところどのメディアも報道機関も

顔画像を公開していませんでした。

遺族の方が顔画像を公開拒否しているのかもしれません。

または、のちのテレビニュースで報道されるかもしれません。

宮本蓮士くんの小学校(立御原小学校)

次に、宮本蓮士くんの小学校である立御原小学校ですが

こちらが立御原小学校です。

ご冥福をお祈りします。

皆さまくれぐれも川遊びには注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です