八日市場郵便局の配達員が郵便物捨てる!犯人の少年が特定?顔画像や名前は?理由がヤバすぎる!

5月16日、千葉県八日市場市の八日市場郵便局の契約社員の配達員少年(18)が宛先のない郵便物を捨てた疑いで書類送検されました。

この記事では八日市場郵便局配達員郵便物投げ捨て事件の概要や、犯人の配達員の顔画像や名前など、ネットの疑問についてまとめました。

千葉県八日市場郵便局の配達員少年が郵便物を捨てる 理由は?

千葉県警匝瑳署は16日、配達すべき地域指定郵便物を投げ捨てたとして、郵便法違反の疑いで八日市場郵便局(匝瑳市八日市場ロ)の時給制契約社員の少年(18)=同市=を書類送検した。「(宛先のない)地域指定郵便物ならバレないと思った」などと供述している。

 送検容疑は昨年8月中旬~今年1月下旬ごろ、市内集会場敷地にある植え込みに配達すべき郵便物288通を投げ捨て、放棄した疑い。

 同署によると、放棄したのはいずれも配達地域指定郵便物。電話de詐欺を抑止するため、同署が地元企業と出したはがきも含まれていた。捨てられた郵便物を見つけた市民が、郵便局側に持ち込んで発覚した。契約社員は「配達するのが面倒だった」と認めている。

 日本郵便関東支社によると、契約社員を昨年3月に採用。同社は「信頼を損ない深くお詫びする。(契約社員へは)厳正に対処する」としている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00010004-chibatopi-l12より

今回事件になったのは、千葉県の八日市場市の八日市場郵便局の配達員少年が宛先のない郵便物約288通を投げ捨て書類送検された事件でした。

捨てられた郵便物を見つけた市民が郵便局に届けて事件が発覚したとのことでした。

一体なぜこのような犯行を犯したのでしょうか。

責任を持って仕事をしてほしいものですね。

こちらが、今回の配達員少年が務める八日市場郵便局です。

今回の事件で配達員少年が郵便物を捨てた理由ですが

少年は以下のように供述していました。

「宛先のない地域指定郵便物ならバレないと思った」

「配達するのが面倒だった」

非常に身勝手な理由です。

犯人の少年はいったいどのような人物なのでしょうか?

犯人の配達員が特定?顔画像や名前は?


今回の八日市場郵便局の配達員が郵便物を投げ捨てた事件ですが

ネットでは、この少年は誰なのか?と話題になっていました。

ここでは、郵便物を捨てた少年について現在分かっていることについてまとめました。

まず、調べてみたところ、犯人の配達員少年の顔画像や名前に関しては

どの報道期間やメディアも公開していませんでした。

おそらく19歳と若いことから、更生の機会を与えているのでしょう。

また、郵便物も見つかっているとのことから重罪とはなっていないのかもしれません。

責任を感じさせるためにも名前くらいは報道してもいいのではと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です